スポンサーリンク

向精神薬を断薬後の体調不良、私の選択

コラム

断薬して最初の1ヶ月

 体が熱くて、心臓がバクバクと脈打ち苦しかったのを覚えています。プールや保冷材で体を冷やしていました。

断薬して2ヵ月後

 向精神薬を断薬して2ヵ月後ぐらいに、体調不良(体がだるい、右脇腹に鈍痛がある、あご下回りが腫れぼったい)で内科へ通院しました。事前にインターネットで調べて自分は「橋本病」ではないかと思っていました。右脇腹の鈍痛は減薬前からありました。

 橋本病の検査としてエコー検査を受けましたが、該当しませんでした。体のだるさに対してC型肝炎の検査をうけましたが、陰性でした。右脇腹の鈍痛に対してエコー検査を受けましたが、脂肪肝という所見でした。脂肪肝の原因で飲酒(アルコール)が疑われましたが、お酒は好きではないので全く飲んでいませんでした。体重を5%減らすことをすすめられました。

 精神科の通院歴を話すと内科医は「ああ、察し」という顔をして、精神科医へ相談するように言われました。

 これだけ検査して、決定的な病気が見当たらないことから、向精神薬による後遺症だと思いました。精神科へ再通院したら元の木阿弥(すっかり元通り)になってしまうので、行きませんでした。内科へも再通院することはありませんでした。

離脱症状など不定愁訴

 向精神薬を長く使用してきた人は、減薬・断薬すると離脱症状が現れることがあります。離脱症状は薬の作用が減った分、体がそれを補いきれない時に起きる反応のことです。また、向精神薬の種類によりますが、感覚を弱く麻痺させることで苦痛を減らす薬(GABA-A受容体作動薬の抗不安薬、睡眠薬など)を減薬すると、感覚が過敏になるので、離脱症状が強く感じられる場合があります。離脱症状の内容は多岐に渡りますが、減薬した向精神薬の作用に対し、逆の作用が起きる場合が多いようです。不眠治療として睡眠薬を使用していた場合、減薬して起きる離脱症状は「不眠」が想定できます。薬の種類や、個人差によって離脱症状は異なり、全く離脱症状は起きなかったと言う方もいらっしゃいますが、最初はゆっくり減薬して様子を見ることを強く推奨いたします。

内臓をいたわる食生活

 薬の種類によって分解に使われる内臓は異なるようですが、肝臓に負担がかかるようです。内臓をいたわる食材や食事を選びましょう。私は家庭菜園で野菜を栽培しています。無農薬で育てた野菜を食べると体が元気になる実感があります。市販の野菜を使う場合は、水に30分以上浸してから洗って調理しています。ファストフードやコンビニ弁当は食べないようにしています。

卒煙

 私は減薬中に喫煙していましたが、断薬後には卒煙しました。卒煙した理由は内臓への負担を減らすのと、お金を節約するためです。喫煙習慣は向精神薬を飲み始めてから多くなりました。おそらく向精神薬による眠気を抑えるためだと思います。減薬は難しいものから1つずつ行うのがセオリーだと思うので、禁煙より難しい向精神薬の減薬が終わってから行う方が良いかもしれません。

さらなる医原病を防ぐ

 向精神薬を減薬・断薬して体調不良を感じた場合、まずは内科で診察をうけて、大きな問題がないか調べることは必要だと思います。心配になってドクターショッピング(納得した診察がでるまで複数の病院を回る)をするのは、新たな薬害に遭う可能性もあるので、ご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました