スポンサーリンク
コラム

宅配業者が用意している箱で損してない?

コラム

60サイズとは

 宅配便の話ですが、60サイズとは縦、横、高さの合計が60㎝以内までのサイズです。しかし縦、横、高さの配分で体積は大きく変わります。

60サイズの例

  • 1×2×57=114㎤
  • 10×20×30=6000㎤
  • 20×20×20=8000㎤

 このように体積が違うものを同じサイズとして扱っています。

最大体積(外径の理論値)

 縦、横、高さをx,y,zと置きます。x+y+zが0より大きい時、体積が最大になるx,y,zの比率は1:1:1です。60サイズはx+y+z=60㎝で、それぞれ20cmのとき同じ比になり、体積が最大になります。つまり正6面体(サイコロ形状)です。

x+y+z(㎝) {(x+y+z)/3}^3(㎤)
小数点以下切り捨て
60 8000
80 18962
100 37037
120 64000
140 101629

宅配業者の箱

 宅配業者が用意している箱は正6面体ではないので、最大体積よりも少ない体積です。計算したところ最大体積に比べて随分目減りしているものがありました。

ヤマト運輸

該当
サイズ

箱の名称 x+y+z(㎝) x*y*z(㎤) 最大体積に対する割合 箱代(円)
60 クロネコボックス(6) 20+27+13=60 7020 87.75% 120
80 クロネコボックス(8) 23+32+15=70 11040 58.22% 140
100 クロネコボックス(10) 27+38+29=94 29754 80.34% 190
120 クロネコボックス(12) 32+46+29=107 42688 66.70% 230
140 クロネコボックス(14) 40+60+40=140 96000 94.46% 330

参考資料:https://market.kuronekoyamato.co.jp/market/

 クロネコボックス(8)は3辺の合計が70㎝ですが、70サイズ料金がないので、80サイズとして扱われます。そのため80サイズの最大体積と比較しています。

 他にも箱名とサイズが合致してないものがあります。

日本郵便

該当
サイズ

箱の名称 x+y+z(㎝) x*y*z(㎤) 最大体積に対する割合 箱代(円)
60 ゆうパック・箱(小) 17.5+22.5+14.5=54.5 5709 71.37% 100
80 ゆうパック・箱(中) 25.5+31.5+17.5=74.5 14057 74.13% 140
100 ゆうパック・箱(大) 31.5+39.5+22.5=93.5 27996 75.59% 220
120 ゆうパック・箱(特大) 34.5+44.5+34=113 52199 81.56% 380
140 なし        

参考資料:https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/package.html

佐川急便

該当
サイズ

箱の名称 x+y+z(㎝) x*y*z(㎤) 最大体積に対する割合 箱代(円)
60 エクスプレスBOX S (60) 20+25+15=60 7500 93.75% 88
80 エクスプレスBOX M (80) 26+35+19=80 17290 91.18% 110
100 エクスプレスBOX L (100) 32+43+25=100 34400 92.88% 165
120 なし        
140 エクスプレスBOX LL (140) 42+58+40=140 97440 95.88% 251

参考資料:https://www.sagawa-exp.co.jp/service/material/box/

箱は別会社の物でもよい

 宅配業者以外の箱でも出荷できます。例えば、ヤマト運輸の箱を使って日本郵便のゆうパックで送ることは問題ありません。

 長さの制限が設けられている場合があります。ご不明な点は宅配業者へご確認をお願いします。

感想

 佐川急便は箱名と実際のサイズに大きな乖離はなく好印象✨です。日本郵便は箱名とサイズの関連が分かりにくく、最大サイズと乖離があります。ヤマト運輸の「クロネコボックス(8)」は3辺の合計が70㎝で表示名と実際に乖離があり、最大容積との比較で約58%しか満たしていません。「(8)」は80サイズ対応という意味だと思いますが、消費者に誤解を与えている可能性があります。

 正6面体にすると持ち運びがしにくく、天地が分かりにくいので採用してないと想像します。後は、A4サイズ(約21×30㎝)の物を入れる時に収まりが悪いからではないでしょうか。

 正6面体でなくてもよいので、箱のサイズ(縦、横、高さ)を規格化すればトラックやコンテナに詰め込みやすくなる気がします。

 体積で運賃を決めてないのは何故でしょうか?今の時代なら10㎤単位で管理できそうな気がします。

 このサイトのテーマと離れた話題ですが、一旦常識を捨てて、自分の頭で考える意義をお伝えしたくて取り上げました。

タイトルとURLをコピーしました