スポンサーリンク
コラム

ゼンリン住宅地図のミスで、お隣へ荷物が届き続ける

コラム
※ヤマト運輸が誤配するという意味ではございません。
サイトメインテーマから外れますが、シェアーさせてください。

お隣へ誤配、誤配、誤配

 我が家の荷物が隣に届くようになったのは、5年ぐらい前からだろうか。どうして、そうなったのかハッキリと分からないままだった。家族の話によると、地図上で我が家の住所が隣の家に表示されているからとのことだった。我が家のほうが先に建っていて、隣はもともと畑だった。厄介なことに、苗字も同じなので、名前で間違いに気づいてもらえない。

 配達員から電話がかかってくるが、配達員は家の前におらず、門を開けて外へ出ると隣の家に立っていたり、不在通知を間違った家に投函して帰ろうとしている場合が多くなってきた。1日に何件も連続で間違えられると、イライラする。過去には置き配指定していないのに、隣に置き配したらしく紛失してしまった事もある。仕方がないので、専らコンビニで荷物を受け取るようにしているが、コンビニで受け取れない荷物もある。

 家の門の色は特徴があるので、Amazonで注文するときに目印として書いておいた。しかし、配達員はそれを見落としたのか、隣の家に不在者投票を入れ帰ろうとしていた。お隣さんは寡黙な方で、自分が頼んでない荷物だとわかるのか居留守を使ってやり過ごす事が多い。今回は配達員を捕まえて、何故間違えるのか質問したところ、スマホの地図を見せてうちの住所が隣の家に表示されていることを見せた。この地図はAmazonから提供されているとの事だった。真偽のほどは定かではない。そのスマホは蜘蛛の巣状にバリバリに割れ、これ以上深入りしてはいけないオーラを発していた。その配達員に「家は隣なんですよ、よく間違えられるんです」と説明して、荷物を受け取った。荷物に張られたシールの「BC」にレ点が打たれていた。これはAmazon Flex(Amazonから直接業務委託を受ける)の配達員が使う記号らしい。BCはBisiness Closedの意味で、不在の意味らしい。言いたいことは、この配達員はヤマト運輸の社員ではなく、Amazon Flexの委託配達員と推測できること。制服も着てないので間違いないだろう。

 直ぐに、Amazonサポートへチャットで連絡して、荷物が誤配し続けられることを伝えた。私は地図が間違っているから何とかしてほしいという事を遠回しに伝えていたが、取り合ってもらえない。この問題を根本的に解決する方法がない様で、お隣と我が家の違いを記録して、配達員に判断してもらうしかないようでした。「N」が満足に入力できないキーボードをたたきながら、イライラが加速しているのを感じていた。チャット終了後、徒労感に浸っていた。

 その翌日の夜も、日本郵政から委託を受けた配達員が隣へ配達しようとしていた。その方によると、郵便局員は自前の地図を構築しているから間違えないが、ゼンリンの住宅地図を使っていて、その地図が間違っているので誤配してしまうと教えてもらった。夜になり周りが見通せないので、間違いに気づくことは不可能に近いと言っていた。実は隣だけでなく、周りは同じ苗字だらけ。私もうんざりだが、配達員もうんざりだろう。

 振り返るとヤマト運輸や佐川運輸の社員は間違えることなく家に配達してくれる。郵便局の職員が隣に配達しようとしていたことは1回あったが、ほとんどの場合、委託業者が配達先を間違えている。委託配達員はコロコロ変わるから、過去の誤配を記録することなく、共有もされないので新鮮な顔してお隣に配達しようとしてしまう。歩合制で次々と配達する必要があるからか、丁寧に確認する余裕が感じられない。どこで何したのか思い出せないほど数をこなしているようです。近年、委託業者が配達する比率が高まったことで誤配が増大したと分析している。

 いよいよ、誤配の元である地図の間違指摘を、住宅地図最大手のゼンリンへすることにしたのである。

(つづく)

タイトルとURLをコピーしました