ベンゾジアゼピン

 ベンゾジアゼピン(系)とはGABA-A受容体のベンゾジアゼピン結合部位に作用する化学物質です。睡眠薬、抗不安薬、抗てんかん薬、筋弛緩薬、健忘薬などに使われています。連用によりGABA-A受容体が減少し、興奮伝達が調節できなくなり、眠れなくなるなど日常生活がゆっくりと困難に向かう薬害があります。GABA-A受容体の回復には原因の薬物をゆっくり(服用期間の25%~50%程度かけて)減薬する必要があります。一気に減薬すると興奮傾向になり、その反動で抑制傾向になるなど日常生活に支障をきたすだけでなく、死亡する可能性があるので止めてください。また、複数種類を同時に減薬すると、経過観察が複雑になりますのでご注意ください。Z薬(非ベンゾジアゼピン)もGABA-A受容体に作用する薬物で同様の問題があります。

コラム

睡眠薬ポリファーマシー外来|専門外来|岡山大学大学院精神神経病態学教室

睡眠薬ポリファーマシー外来 睡眠薬とは 眠りを誘発する薬。不眠症の治療に用いる。20世紀半ばまでブロム剤やバルビツール酸系の薬剤が使用されていたが、中毒や依存などの問題があり、1960年代以降は抗不安薬のベンゾジアゼピン系の薬剤...
コラム

オピオイド系だけじゃない:医師がベンゾ系について知ってほしいこと

記事の紹介 It's not just opioids: What doctors want you to know about benzos - CNN オピオイド系だけじゃない:医師がベンゾ系について知ってほしいこと - CNN ...
コラム

「睡眠薬や抗不安薬を毎日飲み続けるのはよくないですか?」高須幹弥 医師による回答動画

睡眠薬や抗不安薬を毎日飲み続けるのはよくないですか?デパス、マイスリー、メイラックス、ハルシオン、ソラナックス 目次 質問内容の紹介 0秒 高須幹弥医師の回答開始 40秒 結論、毎日ずーっと睡眠薬を飲み続けるの...
コラム

「ベンゾジアゼピン系はオキシコドンとフェンタニルに勝って、2016年の過剰摂取死で最も一般的な薬物です」

取り急ぎご紹介します。今後、加筆する可能性があります。 記事のご紹介 見出しだけ翻訳 Benzodiazepines were involved in more drug-induced deaths in 2016 than...
コラム

保護中: 世界ベンゾ注意喚起の日(7/11)取材記事のご紹介

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード
コラム

「睡眠薬の正しい使い方」ビデオ by 慈恵医大

「睡眠薬の正しい使い方」ビデオのご紹介  東京慈恵会医科大学の精神医学講座に以下のビデオがありましたので、ご紹介いたします。 【睡眠薬の正しい使い方】慈恵医大 睡眠ビデオ① 0:00 プロローグ 1:07 睡眠薬は魔法の薬で...
コラム

シンポジウム「平成30年度診療報酬改定後のベンゾジアゼピン系睡眠薬の減量」

記事のご紹介 医薬品の正しい情報提供を求める  三島氏はまず,睡眠薬を初めて服用した患者を追跡した結果,10人に1人が1年以上の長期服用につながったことを示した氏らの調査を紹介した。睡眠薬を処方する精神科医・心療内科医の9割が症...
コラム

「心房細動にベンゾジアゼピン系薬剤を使用して複視が……」 by 読売新聞

「心房細動にベンゾジアゼピン系薬剤を使用して複視が……」  読売新聞のサイトに「心房細動にベンゾジアゼピン系薬剤を使用して複視が……」という記事がありましたので紹介します。 ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の多くで、「複視」の副作用...
コラム

デートレイプドラッグにご用心

デートレイプドラッグとは  相手を昏睡状態にするために悪用される睡眠薬、坑不安薬などの向精神薬のことです。 犯行手口  睡眠薬や坑不安薬を砕いて、飲み物や食べ物に混ぜて、相手に飲食させて昏睡状態にします。合わせてお酒を飲ませることで、...
コラム

[再入門]GABA-A受容体とは?

GABA-A受容体とは  GABA-A受容体とは興奮伝達を調節する部位です。脳に広く分布しています。脳以外にも第二の脳と呼ばれる腸にもあると言われています。  GABA(γ-アミノ酪酸)がGABA-A受容体に作用すると、興奮伝達が抑制さ...
タイトルとURLをコピーしました