ベンゾジアゼピン眼症

 ベンゾジアゼピン眼症とはベンゾジアゼピン系薬の使用によって、瞼(まぶた)が開きにくくなる、瞳孔などの調節機能が低下し眩しさを感じる、不安や不眠などを起こすなど、複合的要因で眼に不調を感じる病気です。神経眼科、心療眼科医の若倉雅登(わかくら まさと)医師がご提唱されています。

コラム

「ベンゾジアゼピン眼症」が明らかになる

記事の紹介   読売新聞のウェブサイトで『向精神薬による目の異常「ベンゾジアゼピン眼症」の提唱 』という記事を見つけましたので、ご紹介します。心療眼科医の若倉雅登(わかくら まさと)医師が書かれています。 ベンゾジアゼピン眼症とは・...
コラム

睡眠薬常用、目にダメージ

「睡眠薬常用、目にダメージ…神経過敏でけいれん」という記事を見つけましたので、ご紹介します。  睡眠薬常用、目にダメージ…神経過敏でけいれん  睡眠薬や抗不安薬を長期服用すると、脳の中央にある視床が過度に興奮し、まぶたのけいれんや目...
タイトルとURLをコピーしました