スポンサーリンク
コラム

差別を助長する?「ホワイトリスト/ブラックリスト」「マスター/スレイブ」

コラム

米国黒人男性の死

 アフリカ系アメリカ人の黒人男性ジョージ・フロイドさんが、白人警察官に拘束された際に頸部圧迫されて死亡したそうです。それを受けて大規模デモが発生しています。その影響からか、長年使われてきた慣用句にも注目が集まっているようです。

ホワイトリスト/ブラックリスト

ホワイトリスト

好ましいもののリスト。優良企業や適格者、よい図書や映画の一覧など。ブラックリストに対していう。白表。→ホワイトリスト方式

出典:デジタル大辞泉

ブラックリスト

注意や監視を要する人物の氏名・住所などを記した表。黒表(こくひょう)。→ブラックリスト方式 →ホワイトリスト

出典:デジタル大辞泉

 米国では特に、ホワイトは白色人種、ブラックは黒色人種を指す言葉として使われています。「ホワイトリスト/ブラックリスト」のように、ホワイトは「善」ブラックは「悪」のイメージで使われている場面があり、人種差別を助長しているのではないかと言われています。

「ホワイトリスト/ブラックリスト」改名案として「アロー(許可)リスト/ディナイ(拒否)リスト」があります。

マスター/スレイブ

 マスターは命令する側、スレイブは従う側を表しています。

 スレイブは奴隷を意味する言葉としても使われているので、避けるべき言葉として挙げられる場面があります。

 現在は主流ではないですが、ハードディスクドライブの接続方式にATAがあり、複数台接続する場合に1系統目を「プライマリー」、2系統目を「セカンダリー」と呼びます。それぞれ2台まで接続できるので1台目を「マスター」、2台目を「スレイブ」と呼んでいます。長年使われてきた用語を変更すると混乱を生じるため、そのまま使われてきたと思います。

言葉には魂が宿る

 言葉はいちいち意味を考えなくても使える便利な道具です。それだけに先入観を植え付けるような言葉は改めた方が良いと思います。今一度、考えてみましょう。

参考資料

タイトルとURLをコピーしました