コラム

10の自然うつ病療法 | 10 Natural Depression Treatments

 先日紹介した「あたなは“うつ”ではありません」 山田博規 著の文中に、10 Natural Depression Treatments(10の自然うつ病療法)が紹介されていました。本には著者による和訳に加え解説があります。ご興味のある方は...
コラム

「あたなは“うつ”ではありません」 山田博規 著を読んで | I read the book “You are not Depression”

 Twitterで著者の山田博規さんからお声がけ頂いたのがきっかけで「あたなは“うつ”ではありません」を読みました。内科がご専門で、産業医として業務中に精神医療に疑問を感じだしたそうです。僭越ながら、私の感想や意見を書かせていただきます。 ...
コラム

理想が現実になるアファメーションについて パート7 | About affirmations where ideals become reality Part 7

 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。脳は臨場感が高い方を現実にします。漫画や小説を読んでいると物語の世界に入り込み、その世界が現実なっているご体験はありますよね。創作物なので現実ではないとも...
コラム

理想が現実になるアファメーションについて パート6 | About affirmations where ideals become reality Part 6

 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。前回は自分の臨場感は自分で選ぶことを話しました。今回はあなたの現実(臨場感世界)はあなただけのオリジナルであるから、丁寧に扱う必要があることをお伝えします...
コラム

理想が現実になるアファメーションについて パート5 | About affirmations where ideals become reality Part 5

 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。前回までにアファメーションについて説明してきました。今回はあなたが世界を創っていることをお伝えしたいと思います。 ゲシュタルト  上の画像を見てくださ...
コラム

理想が現実になるアファメーションについて パート4 | About affirmations where ideals become reality Part 4

 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。前回(パート3)に引き続き、アファメーションについてパート4です。 アファメーションに込める理想は高い方がいいか、低い方がいいかについて  アファメー...
コラム

理想が現実になるアファメーションについて パート3 | About affirmations where ideals become reality Part 3

 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。前回(パート2)に引き続き、アファメーションについてパート3です。 アファメーションの作り方(全11項目)のつづき 8.記述の精度を高める  あいま...
コラム

理想が現実になるアファメーションについて パート2 | About affirmations where ideals become reality Part 2

 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。前回に引き続き、アファメーションについてパート2です。 アファメーションの作り方(全11項目)のつづき 4.「達成している」という内容にします 「私...
コラム

理想が現実になるアファメーションについて パート1 | About affirmations where ideals become reality Part 1

 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。言葉は臨場感を再生する起動プログラムと言えます。例えば「私は黄色で、すごく酸っぱくて、ジューシーなレモンをしっかりと味わっている」と言ったら唾液が出てしま...
コラム

「向精神薬、とくにベンゾ系のための 減薬・断薬サポートノート 嶋田和子 著」を読んで | I have read a book on benzodiazepine reduction

「向精神薬、とくにベンゾ系のための 減薬・断薬サポートノート 嶋田和子 著」を図書館で借りて読ませていただきました。  ベンゾとはベンゾジアゼピンのことです。  この本を読ませていただいて、私が通り過ぎた道を客観的に振り返られました。アシュ...
タイトルとURLをコピーしました