項目内容
回次:196
院名:衆議院
会議名:厚生労働委員会
号数:37号
開会日付:2018-07-20
発言順:0
発言者名:
発言:平成三十年七月二十日(金曜日)
    午後五時四十六分開議
 出席委員
   委員長 高鳥 修一君
   理事 赤澤 亮正君 理事 後藤 茂之君
   理事 田村 憲久君 理事 橋本  岳君
   理事 堀内 詔子君 理事 渡辺 孝一君
   理事 西村智奈美君 理事 岡本 充功君
   理事 桝屋 敬悟君
      秋葉 賢也君    穴見 陽一君
      安藤 高夫君    井野 俊郎君
      木村 哲也君    木村 弥生君
      国光あやの君    小泉進次郎君
      小林 鷹之君    後藤田正純君
      佐藤 明男君    塩崎 恭久君
      繁本  護君    白須賀貴樹君
      田畑 裕明君    高橋ひなこ君
      長尾  敬君    船橋 利実君
      三ッ林裕巳君    山田 美樹君
      池田 真紀君    尾辻かな子君
      長谷川嘉一君    初鹿 明博君
      吉田 統彦君    大西 健介君
      白石 洋一君    山井 和則君
      柚木 道義君    伊佐 進一君
      中野 洋昌君    高橋千鶴子君
      浦野 靖人君    柿沢 未途君
    …………………………………
   厚生労働大臣政務官    田畑 裕明君
   厚生労働委員会専門員   中村  実君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月十七日
 辞任         補欠選任
  足立 康史君     浦野 靖人君
同日
 辞任         補欠選任
  浦野 靖人君     足立 康史君
同月二十日
 辞任         補欠選任
  足立 康史君     浦野 靖人君
同日
 辞任         補欠選任
  浦野 靖人君     足立 康史君
同日
 理事赤澤亮正君同日理事辞任につき、その補欠として橋本岳君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
七月十八日
 介護・障害福祉従事者の人材確保に関する特別措置法案(吉田統彦君外十名提出、衆法第三八号)
 保育等従業者の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案(西村智奈美君外十名提出、衆法第三九号)
 産後ケアセンターの設置の推進のための児童福祉法及び社会福祉法の一部を改正する法律案(阿部知子君外十名提出、衆法第四〇号)
 児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案(岡本充功君外十一名提出、衆法第四一号)
同月十七日
 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(穀田恵二君紹介)(第二八四一号)
 同(原田義昭君紹介)(第二八四二号)
 同(石崎徹君紹介)(第二八四八号)
 同(原田義昭君紹介)(第二八五一号)
 同(石川香織君紹介)(第二八五五号)
 同(広田一君紹介)(第二八五七号)
 同(阿部知子君紹介)(第二八六〇号)
 同(江崎鐵磨君紹介)(第二九〇四号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第二九二八号)
 神経系疾患である筋痛性脳脊髄炎の研究推進に関する請願(泉健太君紹介)(第二八四四号)
 同(手塚仁雄君紹介)(第二八四五号)
 同(北村誠吾君紹介)(第二八六一号)
 同(伊佐進一君紹介)(第二九一七号)
 同(木原誠二君紹介)(第二九一八号)
 てんかんのある人とその家族の生活を支えることに関する請願(穴見陽一君紹介)(第二八四九号)
 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(石川香織君紹介)(第二八五四号)
 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(山田賢司君紹介)(第二八五六号)
 学童保育(放課後児童健全育成事業)の「従うべき基準」を堅持することに関する請願(船橋利実君紹介)(第二八五八号)
 同(宮内秀樹君紹介)(第二八六七号)
 同(大西健介君紹介)(第二九一九号)
 同(桝屋敬悟君紹介)(第二九二〇号)
 同(池田真紀君紹介)(第二九二九号)
 同(武村展英君紹介)(第二九三〇号)
 同(三ッ林裕巳君紹介)(第二九三一号)
 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(武村展英君紹介)(第二八六二号)
 同(盛山正仁君紹介)(第二八六六号)
 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(衛藤征士郎君紹介)(第二八六四号)
 同(盛山正仁君紹介)(第二八六五号)
 同(新谷正義君紹介)(第二八九三号)
 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(笠井亮君紹介)(第二八八九号)
 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(宮本徹君紹介)(第二八九〇号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第二九一四号)
 同(田村貴昭君紹介)(第二九一五号)
 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(田村貴昭君紹介)(第二八九一号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第二八九二号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第二九一六号)
 安心・安全の医療・介護に関する請願(志位和夫君紹介)(第二八九四号)
 中小零細企業の社会保険料負担の軽減、国庫負担増に関する請願(穀田恵二君紹介)(第二八九五号)
 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二九一三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 閉会中審査に関する件
 請 願
   一 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(宮本徹君紹介)(第四一号)
   二 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(岡本あき子君紹介)(第五三号)
   三 同(生方幸夫君紹介)(第九一号)
   四 同(大島敦君紹介)(第九二号)
   五 同(奥野総一郎君紹介)(第九三号)
   六 同(櫻井周君紹介)(第九四号)
   七 同(宮本徹君紹介)(第九五号)
   八 同(山井和則君紹介)(第九六号)
   九 同(山本和嘉子君紹介)(第九七号)
  一〇 同(岡島一正君紹介)(第九八号)
  一一 同(佐々木隆博君紹介)(第一一九号)
  一二 同(櫻井周君紹介)(第一二〇号)
  一三 同(下条みつ君紹介)(第一二一号)
  一四 同(務台俊介君紹介)(第一二二号)
  一五 同(関健一郎君紹介)(第一四三号)
  一六 同(青山大人君紹介)(第一四六号)
  一七 同(高橋千鶴子君紹介)(第一五五号)
  一八 ベンゾジアゼピン系薬物に関する規制強化の実施及び副作用による被害者の救済等に関する請願(柿沢未途君紹介)(第一三九号)
  一九 新たな患者負担増をやめ、窓口負担の大幅軽減を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五一号)
  二〇 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五二号)
  二一 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(森山浩行君紹介)(第一五三号)
  二二 さらなる患者負担増計画の中止に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五四号)
  二三 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一五八号)
  二四 同(笠井亮君紹介)(第一五九号)
  二五 同(穀田恵二君紹介)(第一六〇号)
  二六 同(志位和夫君紹介)(第一六一号)
  二七 同(塩川鉄也君紹介)(第一六二号)
  二八 同(田村貴昭君紹介)(第一六三号)
  二九 同(高橋千鶴子君紹介)(第一六四号)
  三〇 同(畑野君枝君紹介)(第一六五号)
  三一 同(藤野保史君紹介)(第一六六号)
  三二 同(宮本岳志君紹介)(第一六七号)
  三三 同(宮本徹君紹介)(第一六八号)
  三四 同(本村伸子君紹介)(第一六九号)
  三五 子供医療費無料制度に関する請願(佐藤公治君紹介)(第一九五号)
  三六 同(赤嶺政賢君紹介)(第二五四号)
  三七 同(笠井亮君紹介)(第二五五号)
  三八 同(穀田恵二君紹介)(第二五六号)
  三九 同(志位和夫君紹介)(第二五七号)
  四〇 同(塩川鉄也君紹介)(第二五八号)
  四一 同(田村貴昭君紹介)(第二五九号)
  四二 同(高橋千鶴子君紹介)(第二六〇号)
  四三 同(畑野君枝君紹介)(第二六一号)
  四四 同(藤野保史君紹介)(第二六二号)
  四五 同(宮本岳志君紹介)(第二六三号)
  四六 同(宮本徹君紹介)(第二六四号)
  四七 同(本村伸子君紹介)(第二六五号)
  四八 同(矢上雅義君紹介)(第二八〇号)
  四九 同(岡本あき子君紹介)(第二九三号)
  五〇 同(笠井亮君紹介)(第三〇七号)
  五一 最低賃金引き上げ、食品衛生監視員を大幅にふやすこと等に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二一七号)
  五二 同(藤野保史君紹介)(第二一八号)
  五三 社会保障費の大幅削減を中止し、保育、医療、介護、年金などの拡充を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二一九号)
  五四 同(笠井亮君紹介)(第二二〇号)
  五五 同(穀田恵二君紹介)(第二二一号)
  五六 同(志位和夫君紹介)(第二二二号)
  五七 同(塩川鉄也君紹介)(第二二三号)
  五八 同(田村貴昭君紹介)(第二二四号)
  五九 同(高橋千鶴子君紹介)(第二二五号)
  六〇 同(畑野君枝君紹介)(第二二六号)
  六一 同(藤野保史君紹介)(第二二七号)
  六二 同(宮本岳志君紹介)(第二二八号)
  六三 同(宮本徹君紹介)(第二二九号)
  六四 同(本村伸子君紹介)(第二三〇号)
  六五 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(村上史好君紹介)(第二三一号)
  六六 同(笠井亮君紹介)(第三〇六号)
  六七 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二六八号)
  六八 同(笠井亮君紹介)(第二六九号)
  六九 同(穀田恵二君紹介)(第二七〇号)
  七〇 同(志位和夫君紹介)(第二七一号)
  七一 同(塩川鉄也君紹介)(第二七二号)
  七二 同(田村貴昭君紹介)(第二七三号)
  七三 同(高橋千鶴子君紹介)(第二七四号)
  七四 同(畑野君枝君紹介)(第二七五号)
  七五 同(藤野保史君紹介)(第二七六号)
  七六 同(宮本岳志君紹介)(第二七七号)
  七七 同(宮本徹君紹介)(第二七八号)
  七八 同(本村伸子君紹介)(第二七九号)
  七九 同(高橋千鶴子君紹介)(第二九四号)
  八〇 同(宮本徹君紹介)(第二九五号)
  八一 医療・介護の負担増の中止に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第三〇五号)
  八二 社会保険料の負担軽減に関する請願(宮本岳志君紹介)(第三五六号)
  八三 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第三五七号)
  八四 同(赤嶺政賢君紹介)(第三六五号)
  八五 同(笠井亮君紹介)(第三六六号)
  八六 同(穀田恵二君紹介)(第三六七号)
  八七 同(志位和夫君紹介)(第三六八号)
  八八 同(塩川鉄也君紹介)(第三六九号)
  八九 同(田村貴昭君紹介)(第三七〇号)
  九〇 同(高橋千鶴子君紹介)(第三七一号)
  九一 同(畑野君枝君紹介)(第三七二号)
  九二 同(藤野保史君紹介)(第三七三号)
  九三 同(宮本岳志君紹介)(第三七四号)
  九四 同(宮本徹君紹介)(第三七五号)
  九五 同(本村伸子君紹介)(第三七六号)
  九六 同(志位和夫君紹介)(第四〇七号)
  九七 子供医療費無料制度に関する請願(務台俊介君紹介)(第三五八号)
  九八 過労死と職場における差別の根絶に関する請願(志位和夫君紹介)(第四〇五号)
  九九 同(志位和夫君紹介)(第四八六号)
 一〇〇 同(塩川鉄也君紹介)(第四八七号)
 一〇一 同(田村貴昭君紹介)(第四八八号)
 一〇二 同(高橋千鶴子君紹介)(第四八九号)
 一〇三 同(畑野君枝君紹介)(第四九〇号)
 一〇四 全国一律最低賃金制度の実現を求めることに関する請願(志位和夫君紹介)(第四〇六号)
 一〇五 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(志位和夫君紹介)(第四〇八号)
 一〇六 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(志位和夫君紹介)(第四〇九号)
 一〇七 同(赤嶺政賢君紹介)(第四三八号)
 一〇八 同(稲富修二君紹介)(第四三九号)
 一〇九 同(生方幸夫君紹介)(第四四〇号)
 一一〇 同(笠井亮君紹介)(第四四一号)
 一一一 同(穀田恵二君紹介)(第四四二号)
 一一二 同(志位和夫君紹介)(第四四三号)
 一一三 同(塩川鉄也君紹介)(第四四四号)
 一一四 同(田村貴昭君紹介)(第四四五号)
 一一五 同(高橋千鶴子君紹介)(第四四六号)
 一一六 同(畑野君枝君紹介)(第四四七号)
 一一七 同(原田義昭君紹介)(第四四八号)
 一一八 同(藤野保史君紹介)(第四四九号)
 一一九 同(宮本岳志君紹介)(第四五〇号)
 一二〇 同(宮本徹君紹介)(第四五一号)
 一二一 同(本村伸子君紹介)(第四五二号)
 一二二 同(柚木道義君紹介)(第四五三号)
 一二三 同(大河原雅子君紹介)(第四七九号)
 一二四 同(中川正春君紹介)(第四八〇号)
 一二五 同(宮本徹君紹介)(第四八一号)
 一二六 同(山井和則君紹介)(第四八二号)
 一二七 同(赤嶺政賢君紹介)(第五〇一号)
 一二八 同(笠井亮君紹介)(第五〇二号)
 一二九 同(穀田恵二君紹介)(第五〇三号)
 一三〇 同(志位和夫君紹介)(第五〇四号)
 一三一 同(塩川鉄也君紹介)(第五〇五号)
 一三二 同(田村貴昭君紹介)(第五〇六号)
 一三三 同(高橋千鶴子君紹介)(第五〇七号)
 一三四 同(畑野君枝君紹介)(第五〇八号)
 一三五 同(藤野保史君紹介)(第五〇九号)
 一三六 同(宮本岳志君紹介)(第五一〇号)
 一三七 同(宮本徹君紹介)(第五一一号)
 一三八 同(本村伸子君紹介)(第五一二号)
 一三九 同(山本和嘉子君紹介)(第五一三号)
 一四〇 じん肺とアスベスト被害根絶等に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第四三一号)
 一四一 同(笠井亮君紹介)(第四三二号)
 一四二 同(穀田恵二君紹介)(第四三三号)
 一四三 同(志位和夫君紹介)(第四三四号)
 一四四 同(塩川鉄也君紹介)(第四三五号)
 一四五 同(田村貴昭君紹介)(第四三六号)
 一四六 同(照屋寛徳君紹介)(第四三七号)
 一四七 同(吉川元君紹介)(第四九一号)
 一四八 物流をとめないための時間外労働の上限規制の適用に関する請願(神谷裕君紹介)(第四七二号)
 一四九 同(近藤昭一君紹介)(第四七三号)
 一五〇 同(佐々木隆博君紹介)(第四七四号)
 一五一 同(武内則男君紹介)(第四七五号)
 一五二 同(宮川伸君紹介)(第四七六号)
 一五三 同(石川香織君紹介)(第五一四号)
 一五四 同(大河原雅子君紹介)(第五一五号)
 一五五 同(海江田万里君紹介)(第五一六号)
 一五六 同(辻元清美君紹介)(第五一七号)
 一五七 同(松田功君紹介)(第五一八号)
 一五八 同(山井和則君紹介)(第五一九号)
 一五九 労働時間の短縮と安定した雇用で男女ともに、人間らしい働き方を求めることに関する請願(本村伸子君紹介)(第四七七号)
 一六〇 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(吉川元君紹介)(第四七八号)
 一六一 同(松田功君紹介)(第五〇〇号)
 一六二 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(藤野保史君紹介)(第四八三号)
 一六三 同(宮本岳志君紹介)(第四八四号)
 一六四 同(宮本徹君紹介)(第四八五号)
 一六五 物流をとめないための時間外労働の上限規制の適用に関する請願(逢坂誠二君紹介)(第五三三号)
 一六六 同(道下大樹君紹介)(第五三四号)
 一六七 同(山花郁夫君紹介)(第五三五号)
 一六八 同(荒井聰君紹介)(第五五二号)
 一六九 同(尾辻かな子君紹介)(第五五三号)
 一七〇 同(阿部知子君紹介)(第五九三号)
 一七一 同(池田真紀君紹介)(第五九四号)
 一七二 同(泉健太君紹介)(第五九五号)
 一七三 同(横光克彦君紹介)(第五九六号)
 一七四 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(小沢一郎君紹介)(第五四四号)
 一七五 同(岡本充功君紹介)(第五四五号)
 一七六 同(吉良州司君紹介)(第五四六号)
 一七七 同(下条みつ君紹介)(第五四七号)
 一七八 同(関健一郎君紹介)(第五四八号)
 一七九 同(寺田学君紹介)(第五四九号)
 一八〇 同(松田功君紹介)(第五五〇号)
 一八一 同(赤嶺政賢君紹介)(第五五四号)
 一八二 同(伊藤俊輔君紹介)(第五五五号)
 一八三 同(笠井亮君紹介)(第五五六号)
 一八四 同(穀田恵二君紹介)(第五五七号)
 一八五 同(佐々木隆博君紹介)(第五五八号)
 一八六 同(志位和夫君紹介)(第五五九号)
 一八七 同(塩川鉄也君紹介)(第五六〇号)
 一八八 同(田村貴昭君紹介)(第五六一号)
 一八九 同(高橋千鶴子君紹介)(第五六二号)
 一九〇 同(畑野君枝君紹介)(第五六三号)
 一九一 同(藤野保史君紹介)(第五六四号)
 一九二 同(緑川貴士君紹介)(第五六五号)
 一九三 同(宮本岳志君紹介)(第五六六号)
 一九四 同(宮本徹君紹介)(第五六七号)
 一九五 同(本村伸子君紹介)(第五六八号)
 一九六 同(柚木道義君紹介)(第五六九号)
 一九七 同(逢坂誠二君紹介)(第五九七号)
 一九八 同(神谷裕君紹介)(第五九八号)
 一九九 同(白石洋一君紹介)(第五九九号)
 二〇〇 同(緑川貴士君紹介)(第六〇〇号)
 二〇一 同(宮本徹君紹介)(第六〇一号)
 二〇二 同(務台俊介君紹介)(第六〇二号)
 二〇三 同(矢上雅義君紹介)(第六〇三号)
 二〇四 同(大串博志君紹介)(第六一三号)
 二〇五 同(岡本あき子君紹介)(第六一四号)
 二〇六 同(菊田真紀子君紹介)(第六一五号)
 二〇七 同(斎藤洋明君紹介)(第六一六号)
 二〇八 同(中川正春君紹介)(第六一七号)
 二〇九 同(細野豪志君紹介)(第六一八号)
 二一〇 同(道下大樹君紹介)(第六一九号)
 二一一 同(緑川貴士君紹介)(第六二〇号)
 二一二 同(宮本岳志君紹介)(第六二四号)
 二一三 同(高橋千鶴子君紹介)(第六四六号)
 二一四 同(浅野哲君紹介)(第七六五号)
 二一五 子供医療費無料制度に関する請願(川内博史君紹介)(第五五一号)
 二一六 同(阿部知子君紹介)(第五七九号)
 二一七 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(伊藤渉君紹介)(第五七五号)
 二一八 同(高橋千鶴子君紹介)(第五七六号)
 二一九 同(枝野幸男君紹介)(第六四七号)
 二二〇 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(阿部知子君紹介)(第五七七号)
 二二一 同(白石洋一君紹介)(第五七八号)
 二二二 社会保険料の負担軽減に関する請願(阿部知子君紹介)(第五八〇号)
 二二三 過労死と職場における差別の根絶に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第五八一号)
 二二四 同(笠井亮君紹介)(第五八二号)
 二二五 同(穀田恵二君紹介)(第五八三号)
 二二六 同(志位和夫君紹介)(第五八四号)
 二二七 同(塩川鉄也君紹介)(第五八五号)
 二二八 同(田村貴昭君紹介)(第五八六号)
 二二九 同(高橋千鶴子君紹介)(第五八七号)
 二三〇 同(畑野君枝君紹介)(第五八八号)
 二三一 同(藤野保史君紹介)(第五八九号)
 二三二 同(宮本岳志君紹介)(第五九〇号)
 二三三 同(宮本徹君紹介)(第五九一号)
 二三四 同(本村伸子君紹介)(第五九二号)
 二三五 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(田畑毅君紹介)(第六一二号)
 二三六 同(志位和夫君紹介)(第六四五号)
 二三七 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(宮本岳志君紹介)(第六二三号)
 二三八 同(赤嶺政賢君紹介)(第七四九号)
 二三九 同(笠井亮君紹介)(第七五〇号)
 二四〇 同(穀田恵二君紹介)(第七五一号)
 二四一 同(志位和夫君紹介)(第七五二号)
 二四二 同(塩川鉄也君紹介)(第七五三号)
 二四三 同(田村貴昭君紹介)(第七五四号)
 二四四 同(高橋千鶴子君紹介)(第七五五号)
 二四五 同(畑野君枝君紹介)(第七五六号)
 二四六 同(藤野保史君紹介)(第七五七号)
 二四七 同(宮本岳志君紹介)(第七五八号)
 二四八 同(宮本徹君紹介)(第七五九号)
 二四九 同(本村伸子君紹介)(第七六〇号)
 二五〇 精神保健医療福祉の改善に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第六四四号)
 二五一 大幅な福祉職員の増員・賃金の引き上げに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第六七二号)
 二五二 同(笠井亮君紹介)(第六七三号)
 二五三 同(穀田恵二君紹介)(第六七四号)
 二五四 同(志位和夫君紹介)(第六七五号)
 二五五 同(塩川鉄也君紹介)(第六七六号)
 二五六 同(下条みつ君紹介)(第六七七号)
 二五七 同(田村貴昭君紹介)(第六七八号)
 二五八 同(高橋千鶴子君紹介)(第六七九号)
 二五九 同(畑野君枝君紹介)(第六八〇号)
 二六〇 同(藤野保史君紹介)(第六八一号)
 二六一 同(宮本岳志君紹介)(第六八二号)
 二六二 同(宮本徹君紹介)(第六八三号)
 二六三 同(本村伸子君紹介)(第六八四号)
 二六四 同(山井和則君紹介)(第六八五号)
 二六五 同(柚木道義君紹介)(第六八六号)
 二六六 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第六八七号)
 二六七 同(笠井亮君紹介)(第六八八号)
 二六八 同(穀田恵二君紹介)(第六八九号)
 二六九 同(志位和夫君紹介)(第六九〇号)
 二七〇 同(塩川鉄也君紹介)(第六九一号)
 二七一 同(田村貴昭君紹介)(第六九二号)
 二七二 同(高橋千鶴子君紹介)(第六九三号)
 二七三 同(畑野君枝君紹介)(第六九四号)
 二七四 同(藤野保史君紹介)(第六九五号)
 二七五 同(宮本岳志君紹介)(第六九六号)
 二七六 同(宮本徹君紹介)(第六九七号)
 二七七 同(本村伸子君紹介)(第六九八号)
 二七八 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(浅野哲君紹介)(第六九九号)
 二七九 同(井野俊郎君紹介)(第七〇〇号)
 二八〇 同(井林辰憲君紹介)(第七〇一号)
 二八一 同(池田佳隆君紹介)(第七〇二号)
 二八二 同(上野宏史君紹介)(第七〇三号)
 二八三 同(江田康幸君紹介)(第七〇四号)
 二八四 同(小渕優子君紹介)(第七〇五号)
 二八五 同(大串博志君紹介)(第七〇六号)
 二八六 同(大口善徳君紹介)(第七〇七号)
 二八七 同(大見正君紹介)(第七〇八号)
 二八八 同(太田昭宏君紹介)(第七〇九号)
 二八九 同(金子万寿夫君紹介)(第七一〇号)
 二九〇 同(神山佐市君紹介)(第七一一号)
 二九一 同(菅家一郎君紹介)(第七一二号)
 二九二 同(岸本周平君紹介)(第七一三号)
 二九三 同(北村誠吾君紹介)(第七一四号)
 二九四 同(後藤田正純君紹介)(第七一五号)
 二九五 同(佐々木隆博君紹介)(第七一六号)
 二九六 同(斉藤鉄夫君紹介)(第七一七号)
 二九七 同(下条みつ君紹介)(第七一八号)
 二九八 同(杉本和巳君紹介)(第七一九号)
 二九九 同(鈴木淳司君紹介)(第七二〇号)
 三〇〇 同(園田博之君紹介)(第七二一号)
 三〇一 同(田野瀬太道君紹介)(第七二二号)
 三〇二 同(寺田学君紹介)(第七二三号)
 三〇三 同(冨樫博之君紹介)(第七二四号)
 三〇四 同(冨岡勉君紹介)(第七二五号)
 三〇五 同(中曽根康隆君紹介)(第七二六号)
 三〇六 同(西村智奈美君紹介)(第七二七号)
 三〇七 同(野田毅君紹介)(第七二八号)
 三〇八 同(濱村進君紹介)(第七二九号)
 三〇九 同(原口一博君紹介)(第七三〇号)
 三一〇 同(平口洋君紹介)(第七三一号)
 三一一 同(福山守君紹介)(第七三二号)
 三一二 同(古川元久君紹介)(第七三三号)
 三一三 同(古田圭一君紹介)(第七三四号)
 三一四 同(前原誠司君紹介)(第七三五号)
 三一五 同(松田功君紹介)(第七三六号)
 三一六 同(松野博一君紹介)(第七三七号)
 三一七 同(松本純君紹介)(第七三八号)
 三一八 同(松本剛明君紹介)(第七三九号)
 三一九 同(三浦靖君紹介)(第七四〇号)
 三二〇 同(三ッ林裕巳君紹介)(第七四一号)
 三二一 同(緑川貴士君紹介)(第七四二号)
 三二二 同(宮下一郎君紹介)(第七四三号)
 三二三 同(八木哲也君紹介)(第七四四号)
 三二四 同(山田賢司君紹介)(第七四五号)
 三二五 同(山井和則君紹介)(第七四六号)
 三二六 同(山本有二君紹介)(第七四七号)
 三二七 同(柚木道義君紹介)(第七四八号)
 三二八 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(穀田恵二君紹介)(第七六一号)
 三二九 同(高橋千鶴子君紹介)(第七六二号)
 三三〇 同(藤野保史君紹介)(第七六三号)
 三三一 同(本村伸子君紹介)(第七六四号)
 三三二 大幅な福祉職員の増員・賃金の引き上げに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第七七六号)
 三三三 同(白石洋一君紹介)(第八六八号)
 三三四 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(秋葉賢也君紹介)(第七七七号)
 三三五 同(井出庸生君紹介)(第七七八号)
 三三六 同(井上義久君紹介)(第七七九号)
 三三七 同(伊藤渉君紹介)(第七八〇号)
 三三八 同(石崎徹君紹介)(第七八一号)
 三三九 同(泉健太君紹介)(第七八二号)
 三四〇 同(岩田和親君紹介)(第七八三号)
 三四一 同(尾身朝子君紹介)(第七八四号)
 三四二 同(岡田克也君紹介)(第七八五号)
 三四三 同(岡本あき子君紹介)(第七八六号)
 三四四 同(鬼木誠君紹介)(第七八七号)
 三四五 同(勝俣孝明君紹介)(第七八八号)
 三四六 同(門博文君紹介)(第七八九号)
 三四七 同(金子恭之君紹介)(第七九〇号)
 三四八 同(工藤彰三君紹介)(第七九一号)
 三四九 同(関芳弘君紹介)(第七九二号)
 三五〇 同(武井俊輔君紹介)(第七九三号)
 三五一 同(棚橋泰文君紹介)(第七九四号)
 三五二 同(玉木雄一郎君紹介)(第七九五号)
 三五三 同(額賀福志郎君紹介)(第七九六号)
 三五四 同(原田義昭君紹介)(第七九七号)
 三五五 同(森山裕君紹介)(第七九八号)
 三五六 同(山口俊一君紹介)(第七九九号)
 三五七 同(山本拓君紹介)(第八〇〇号)
 三五八 同(吉田統彦君紹介)(第八〇一号)
 三五九 同(穴見陽一君紹介)(第八〇九号)
 三六〇 同(石田祝稔君紹介)(第八一〇号)
 三六一 同(石破茂君紹介)(第八一一号)
 三六二 同(岩屋毅君紹介)(第八一二号)
 三六三 同(岡本充功君紹介)(第八一三号)
 三六四 同(菊田真紀子君紹介)(第八一四号)
 三六五 同(小林茂樹君紹介)(第八一五号)
 三六六 同(坂本哲志君紹介)(第八一六号)
 三六七 同(重徳和彦君紹介)(第八一七号)
 三六八 同(階猛君紹介)(第八一八号)
 三六九 同(高市早苗君紹介)(第八一九号)
 三七〇 同(橘慶一郎君紹介)(第八二〇号)
 三七一 同(中川正春君紹介)(第八二一号)
 三七二 同(原田憲治君紹介)(第八二二号)
 三七三 同(福田昭夫君紹介)(第八二三号)
 三七四 同(牧島かれん君紹介)(第八二四号)
 三七五 同(三原朝彦君紹介)(第八二五号)
 三七六 同(石田真敏君紹介)(第八四三号)
 三七七 同(稲富修二君紹介)(第八四四号)
 三七八 同(黒岩宇洋君紹介)(第八四五号)
 三七九 同(船橋利実君紹介)(第八四六号)
 三八〇 同(堀越啓仁君紹介)(第八四七号)
 三八一 同(亀岡偉民君紹介)(第八五四号)
 三八二 同(小島敏文君紹介)(第八五五号)
 三八三 同(田中和徳君紹介)(第八五六号)
 三八四 同(中谷元君紹介)(第八五七号)
 三八五 同(船田元君紹介)(第八五八号)
 三八六 同(古川康君紹介)(第八五九号)
 三八七 同(宮本岳志君紹介)(第八六〇号)
 三八八 同(吉良州司君紹介)(第八六九号)
 三八九 同(後藤茂之君紹介)(第八七〇号)
 三九〇 同(佐藤茂樹君紹介)(第八七一号)
 三九一 同(白石洋一君紹介)(第八七二号)
 三九二 同(新谷正義君紹介)(第八七三号)
 三九三 同(富田茂之君紹介)(第八七四号)
 三九四 同(吉川元君紹介)(第八七五号)
 三九五 同(小川淳也君紹介)(第八九三号)
 三九六 同(加藤寛治君紹介)(第八九四号)
 三九七 同(田所嘉徳君紹介)(第八九五号)
 三九八 同(御法川信英君紹介)(第八九六号)
 三九九 同(宗清皇一君紹介)(第八九七号)
 四〇〇 同(国光あやの君紹介)(第九一三号)
 四〇一 同(熊田裕通君紹介)(第九一四号)
 四〇二 同(宮路拓馬君紹介)(第九一五号)
 四〇三 同(岸田文雄君紹介)(第九三二号)
 四〇四 同(渡海紀三朗君紹介)(第九三三号)
 四〇五 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(重徳和彦君紹介)(第八〇八号)
 四〇六 同(黒岩宇洋君紹介)(第八四一号)
 四〇七 同(近藤昭一君紹介)(第八五三号)
 四〇八 同(小川淳也君紹介)(第八九二号)
 四〇九 同(津村啓介君紹介)(第九二九号)
 四一〇 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第八四二号)
 四一一 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(宮本岳志君紹介)(第八五二号)
 四一二 同(村上史好君紹介)(第九〇〇号)
 四一三 国の責任で社会保障制度の拡充等を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第八七八号)
 四一四 同(笠井亮君紹介)(第八七九号)
 四一五 同(穀田恵二君紹介)(第八八〇号)
 四一六 同(志位和夫君紹介)(第八八一号)
 四一七 同(塩川鉄也君紹介)(第八八二号)
 四一八 同(田村貴昭君紹介)(第八八三号)
 四一九 同(高橋千鶴子君紹介)(第八八四号)
 四二〇 同(畑野君枝君紹介)(第八八五号)
 四二一 同(藤野保史君紹介)(第八八六号)
 四二二 同(宮本岳志君紹介)(第八八七号)
 四二三 同(宮本徹君紹介)(第八八八号)
 四二四 同(本村伸子君紹介)(第八八九号)
 四二五 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(岸本周平君紹介)(第八九〇号)
 四二六 子供医療費無料制度に関する請願(小川淳也君紹介)(第八九一号)
 四二七 同(赤嶺政賢君紹介)(第九〇一号)
 四二八 同(笠井亮君紹介)(第九〇二号)
 四二九 同(穀田恵二君紹介)(第九〇三号)
 四三〇 同(志位和夫君紹介)(第九〇四号)
 四三一 同(塩川鉄也君紹介)(第九〇五号)
 四三二 同(田村貴昭君紹介)(第九〇六号)
 四三三 同(高橋千鶴子君紹介)(第九〇七号)
 四三四 同(畑野君枝君紹介)(第九〇八号)
 四三五 同(藤野保史君紹介)(第九〇九号)
 四三六 同(宮本岳志君紹介)(第九一〇号)
 四三七 同(宮本徹君紹介)(第九一一号)
 四三八 同(本村伸子君紹介)(第九一二号)
 四三九 過労死と職場における差別の根絶に関する請願(藤野保史君紹介)(第九二八号)
 四四〇 精神保健医療福祉の改善に関する請願(寺田学君紹介)(第九三〇号)
 四四一 同(矢上雅義君紹介)(第九三一号)
 四四二 子供医療費無料制度に関する請願(宮本岳志君紹介)(第九四四号)
 四四三 同(田村貴昭君紹介)(第一〇七七号)
 四四四 精神保健医療福祉の改善に関する請願(青柳陽一郎君紹介)(第九四五号)
 四四五 同(菊田真紀子君紹介)(第九四六号)
 四四六 同(斎藤洋明君紹介)(第九四七号)
 四四七 同(柚木道義君紹介)(第九六六号)
 四四八 同(白石洋一君紹介)(第九八〇号)
 四四九 同(生方幸夫君紹介)(第九九八号)
 四五〇 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(小宮山泰子君紹介)(第九四八号)
 四五一 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(小宮山泰子君紹介)(第九四九号)
 四五二 同(高村正大君紹介)(第九五〇号)
 四五三 同(高井崇志君紹介)(第九五一号)
 四五四 同(中野洋昌君紹介)(第九五二号)
 四五五 同(高橋ひなこ君紹介)(第九六七号)
 四五六 同(玉城デニー君紹介)(第九六八号)
 四五七 同(川内博史君紹介)(第九八一号)
 四五八 同(橋本岳君紹介)(第九八二号)
 四五九 同(志位和夫君紹介)(第九九九号)
 四六〇 同(長谷川嘉一君紹介)(第一〇〇〇号)
 四六一 同(篠原孝君紹介)(第一〇六八号)
 四六二 同(根本匠君紹介)(第一〇六九号)
 四六三 同(鈴木憲和君紹介)(第一〇九〇号)
 四六四 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(門博文君紹介)(第九五三号)
 四六五 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(山崎誠君紹介)(第九六四号)
 四六六 同(本多平直君紹介)(第一〇七六号)
 四六七 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(山崎誠君紹介)(第九六五号)
 四六八 同(田村貴昭君紹介)(第一〇二三号)
 四六九 同(篠原孝君紹介)(第一〇六六号)
 四七〇 同(田村貴昭君紹介)(第一〇七八号)
 四七一 同(藤野保史君紹介)(第一〇七九号)
 四七二 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(志位和夫君紹介)(第九九七号)
 四七三 社会保険料の負担軽減に関する請願(志位和夫君紹介)(第一〇五〇号)
 四七四 大幅な福祉職員の増員・賃金の引き上げに関する請願(長谷川嘉一君紹介)(第一〇五一号)
 四七五 同(篠原孝君紹介)(第一〇六七号)
 四七六 介護・福祉・医療サービスにおける利用者負担等の撤廃に関する請願(柚木道義君紹介)(第一〇八八号)
 四七七 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(石川香織君紹介)(第一〇八九号)
 四七八 過労死と職場における差別の根絶に関する請願(奥野総一郎君紹介)(第一〇九九号)
 四七九 同(白石洋一君紹介)(第一一五四号)
 四八〇 同(逢坂誠二君紹介)(第一一九〇号)
 四八一 同(小川淳也君紹介)(第一二四四号)
 四八二 同(日吉雄太君紹介)(第一二六五号)
 四八三 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(竹本直一君紹介)(第一一〇〇号)
 四八四 同(根本幸典君紹介)(第一一三五号)
 四八五 同(桝屋敬悟君紹介)(第一一三六号)
 四八六 同(左藤章君紹介)(第一一六二号)
 四八七 同(穀田恵二君紹介)(第一一九五号)
 四八八 同(武村展英君紹介)(第一二二二号)
 四八九 同(斉木武志君紹介)(第一二二九号)
 四九〇 同(牧義夫君紹介)(第一二三〇号)
 四九一 同(日吉雄太君紹介)(第一二四六号)
 四九二 同(金子恵美君紹介)(第一二六七号)
 四九三 同(泉田裕彦君紹介)(第一二七五号)
 四九四 同(神田憲次君紹介)(第一二七六号)
 四九五 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一一一四号)
 四九六 同(田村貴昭君紹介)(第一一五三号)
 四九七 同(塩川鉄也君紹介)(第一一八三号)
 四九八 同(田村貴昭君紹介)(第一一八四号)
 四九九 同(田村貴昭君紹介)(第一二一〇号)
 五〇〇 同(田村貴昭君紹介)(第一二一九号)
 五〇一 新たな患者負担増をやめ、窓口負担の大幅軽減を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一一一五号)
 五〇二 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一一一六号)
 五〇三 同(笠井亮君紹介)(第一一一七号)
 五〇四 同(穀田恵二君紹介)(第一一一八号)
 五〇五 同(志位和夫君紹介)(第一一一九号)
 五〇六 同(塩川鉄也君紹介)(第一一二〇号)
 五〇七 同(田村貴昭君紹介)(第一一二一号)
 五〇八 同(高橋千鶴子君紹介)(第一一二二号)
 五〇九 同(畑野君枝君紹介)(第一一二三号)
 五一〇 同(藤野保史君紹介)(第一一二四号)
 五一一 同(宮本岳志君紹介)(第一一二五号)
 五一二 同(宮本徹君紹介)(第一一二六号)
 五一三 同(本村伸子君紹介)(第一一二七号)
 五一四 同(塩川鉄也君紹介)(第一一八五号)
 五一五 さらなる患者負担増計画の中止に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一一二八号)
 五一六 同(塩川鉄也君紹介)(第一一八七号)
 五一七 同(高橋千鶴子君紹介)(第一二二七号)
 五一八 医療・介護の負担増の中止に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一一二九号)
 五一九 同(塩川鉄也君紹介)(第一一八九号)
 五二〇 同(高橋千鶴子君紹介)(第一二五四号)
 五二一 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(江田康幸君紹介)(第一一三〇号)
 五二二 同(佐々木隆博君紹介)(第一一三一号)
 五二三 同(斉藤鉄夫君紹介)(第一一三二号)
 五二四 同(中川正春君紹介)(第一一三三号)
 五二五 同(桝屋敬悟君紹介)(第一一三四号)
 五二六 同(長妻昭君紹介)(第一一五五号)
 五二七 同(御法川信英君紹介)(第一一五六号)
 五二八 同(田所嘉徳君紹介)(第一一六〇号)
 五二九 同(細田健一君紹介)(第一一六一号)
 五三〇 同(志位和夫君紹介)(第一一六六号)
 五三一 同(中野洋昌君紹介)(第一一九二号)
 五三二 同(宗清皇一君紹介)(第一一九三号)
 五三三 同(柚木道義君紹介)(第一一九四号)
 五三四 同(藤原崇君紹介)(第一二一一号)
 五三五 同(菊田真紀子君紹介)(第一二二〇号)
 五三六 同(平口洋君紹介)(第一二二一号)
 五三七 同(川内博史君紹介)(第一二二八号)
 五三八 同(金子恵美君紹介)(第一二六六号)
 五三九 安心・安全の医療・介護に関する請願(畑野君枝君紹介)(第一一五〇号)
 五四〇 同(宮本岳志君紹介)(第一一五一号)
 五四一 同(宮本徹君紹介)(第一一五二号)
 五四二 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(田中和徳君紹介)(第一一六三号)
 五四三 同(田中和徳君紹介)(第一一六八号)
 五四四 同(熊田裕通君紹介)(第一一九六号)
 五四五 同(松田功君紹介)(第一一九七号)
 五四六 同(小宮山泰子君紹介)(第一二四七号)
 五四七 同(古川元久君紹介)(第一二六八号)
 五四八 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一一六七号)
 五四九 同(小宮山泰子君紹介)(第一二四五号)
 五五〇 介護・福祉・医療サービスにおける利用者負担等の撤廃に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一一六九号)
 五五一 最低保障年金制度の実現に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一一八一号)
 五五二 生活保護制度の充実に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一一八二号)
 五五三 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一一八六号)
 五五四 同(日吉雄太君紹介)(第一二四一号)
 五五五 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一一八八号)
 五五六 同(小宮山泰子君紹介)(第一二四二号)
 五五七 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(穀田恵二君紹介)(第一一九一号)
 五五八 同(金子恵美君紹介)(第一二七四号)
 五五九 社会保険料の負担軽減に関する請願(奥野総一郎君紹介)(第一二四三号)
 五六〇 同(柚木道義君紹介)(第一二六四号)
 五六一 神経系疾患である筋痛性脳脊髄炎の研究推進に関する請願(棚橋泰文君紹介)(第一二五三号)
 五六二 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(橘慶一郎君紹介)(第一二八一号)
 五六三 同(棚橋泰文君紹介)(第一三一四号)
 五六四 同(阿部知子君紹介)(第一三八二号)
 五六五 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(松田功君紹介)(第一二八二号)
 五六六 同(黄川田仁志君紹介)(第一二八八号)
 五六七 同(枝野幸男君紹介)(第一三一一号)
 五六八 同(吉田統彦君紹介)(第一三一五号)
 五六九 同(小寺裕雄君紹介)(第一三二九号)
 五七〇 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(田村貴昭君紹介)(第一二八五号)
 五七一 同(今井雅人君紹介)(第一三四五号)
 五七二 社会保険料の負担軽減に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一二八六号)
 五七三 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一二八七号)
 五七四 同(田村貴昭君紹介)(第一三八三号)
 五七五 同(高橋千鶴子君紹介)(第一三八四号)
 五七六 同(畑野君枝君紹介)(第一三八五号)
 五七七 同(藤野保史君紹介)(第一三八六号)
 五七八 同(赤嶺政賢君紹介)(第一四一五号)
 五七九 同(奥野総一郎君紹介)(第一四一六号)
 五八〇 同(笠井亮君紹介)(第一四一七号)
 五八一 同(穀田恵二君紹介)(第一四一八号)
 五八二 同(近藤昭一君紹介)(第一四一九号)
 五八三 同(志位和夫君紹介)(第一四二〇号)
 五八四 同(塩川鉄也君紹介)(第一四二一号)
 五八五 同(田村貴昭君紹介)(第一四二二号)
 五八六 同(高橋千鶴子君紹介)(第一四二三号)
 五八七 同(畑野君枝君紹介)(第一四二四号)
 五八八 同(藤野保史君紹介)(第一四二五号)
 五八九 同(宮本岳志君紹介)(第一四二六号)
 五九〇 同(宮本徹君紹介)(第一四二七号)
 五九一 同(本村伸子君紹介)(第一四二八号)
 五九二 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(佐藤公治君紹介)(第一三〇六号)
 五九三 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(笠井亮君紹介)(第一三〇七号)
 五九四 同(長谷川嘉一君紹介)(第一三〇八号)
 五九五 同(櫻井周君紹介)(第一三一三号)
 五九六 同(奥野総一郎君紹介)(第一三二八号)
 五九七 同(篠原孝君紹介)(第一三四六号)
 五九八 同(本多平直君紹介)(第一三四七号)
 五九九 同(吉田統彦君紹介)(第一四一四号)
 六〇〇 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(小熊慎司君紹介)(第一三〇九号)
 六〇一 同(佐藤公治君紹介)(第一三一〇号)
 六〇二 同(國場幸之助君紹介)(第一三四八号)
 六〇三 同(阿部知子君紹介)(第一三八七号)
 六〇四 同(塩崎恭久君紹介)(第一四二九号)
 六〇五 負担増、給付抑制を国民に強いる医療・介護・年金の改悪中止を求めることに関する請願(宮本岳志君紹介)(第一三七九号)
 六〇六 同(宮本徹君紹介)(第一三八〇号)
 六〇七 同(本村伸子君紹介)(第一三八一号)
 六〇八 国の責任で社会保障制度の拡充等を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一三八八号)
 六〇九 同(笠井亮君紹介)(第一三八九号)
 六一〇 同(穀田恵二君紹介)(第一三九〇号)
 六一一 同(志位和夫君紹介)(第一三九一号)
 六一二 同(塩川鉄也君紹介)(第一三九二号)
 六一三 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(志位和夫君紹介)(第一四〇八号)
 六一四 同(高橋千鶴子君紹介)(第一四〇九号)
 六一五 同(畑野君枝君紹介)(第一四一〇号)
 六一六 同(柚木道義君紹介)(第一四一一号)
 六一七 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(藤野保史君紹介)(第一四一二号)
 六一八 同(本村伸子君紹介)(第一四一三号)
 六一九 公正な賃金・労働条件に関する請願(福田昭夫君紹介)(第一四三八号)
 六二〇 同(青山雅幸君紹介)(第一五一六号)
 六二一 同(赤嶺政賢君紹介)(第一五一七号)
 六二二 同(伊藤俊輔君紹介)(第一五一八号)
 六二三 同(鬼木誠君紹介)(第一五一九号)
 六二四 同(神谷裕君紹介)(第一五二〇号)
 六二五 同(國場幸之助君紹介)(第一五二一号)
 六二六 同(穀田恵二君紹介)(第一五二二号)
 六二七 同(佐々木隆博君紹介)(第一五二三号)
 六二八 同(関健一郎君紹介)(第一五二四号)
 六二九 同(初鹿明博君紹介)(第一五二五号)
 六三〇 同(宮本徹君紹介)(第一五二六号)
 六三一 同(務台俊介君紹介)(第一五二七号)
 六三二 同(矢上雅義君紹介)(第一五二八号)
 六三三 同(柚木道義君紹介)(第一五二九号)
 六三四 同(大串博志君紹介)(第一六〇四号)
 六三五 同(逢坂誠二君紹介)(第一六〇五号)
 六三六 同(玉城デニー君紹介)(第一六〇六号)
 六三七 同(宮本岳志君紹介)(第一六〇七号)
 六三八 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(大見正君紹介)(第一四三九号)
 六三九 同(熊田裕通君紹介)(第一四四〇号)
 六四〇 同(斉木武志君紹介)(第一四四一号)
 六四一 同(菅家一郎君紹介)(第一六〇三号)
 六四二 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(青山大人君紹介)(第一四七三号)
 六四三 同(秋葉賢也君紹介)(第一四七四号)
 六四四 同(穴見陽一君紹介)(第一四七五号)
 六四五 同(井野俊郎君紹介)(第一四七六号)
 六四六 同(稲津久君紹介)(第一四七七号)
 六四七 同(小沢一郎君紹介)(第一四七八号)
 六四八 同(大口善徳君紹介)(第一四七九号)
 六四九 同(大西健介君紹介)(第一四八〇号)
 六五〇 同(大西宏幸君紹介)(第一四八一号)
 六五一 同(岡田克也君紹介)(第一四八二号)
 六五二 同(奥野総一郎君紹介)(第一四八三号)
 六五三 同(神谷裕君紹介)(第一四八四号)
 六五四 同(岸本周平君紹介)(第一四八五号)
 六五五 同(後藤田正純君紹介)(第一四八六号)
 六五六 同(佐々木隆博君紹介)(第一四八七号)
 六五七 同(斉藤鉄夫君紹介)(第一四八八号)
 六五八 同(階猛君紹介)(第一四八九号)
 六五九 同(鈴木貴子君紹介)(第一四九〇号)
 六六〇 同(関芳弘君紹介)(第一四九一号)
 六六一 同(園田博之君紹介)(第一四九二号)
 六六二 同(高市早苗君紹介)(第一四九三号)
 六六三 同(寺田学君紹介)(第一四九四号)
 六六四 同(中川正春君紹介)(第一四九五号)
 六六五 同(中村喜四郎君紹介)(第一四九六号)
 六六六 同(中村裕之君紹介)(第一四九七号)
 六六七 同(額賀福志郎君紹介)(第一四九八号)
 六六八 同(初鹿明博君紹介)(第一四九九号)
 六六九 同(原口一博君紹介)(第一五〇〇号)
 六七〇 同(原田義昭君紹介)(第一五〇一号)
 六七一 同(福田昭夫君紹介)(第一五〇二号)
 六七二 同(福山守君紹介)(第一五〇三号)
 六七三 同(細田健一君紹介)(第一五〇四号)
 六七四 同(三ッ林裕巳君紹介)(第一五〇五号)
 六七五 同(矢上雅義君紹介)(第一五〇六号)
 六七六 同(吉田統彦君紹介)(第一五〇七号)
 六七七 同(浅野哲君紹介)(第一六〇八号)
 六七八 同(井林辰憲君紹介)(第一六〇九号)
 六七九 同(伊東良孝君紹介)(第一六一〇号)
 六八〇 同(伊藤渉君紹介)(第一六一一号)
 六八一 同(石川香織君紹介)(第一六一二号)
 六八二 同(岩屋毅君紹介)(第一六一三号)
 六八三 同(江田康幸君紹介)(第一六一四号)
 六八四 同(小渕優子君紹介)(第一六一五号)
 六八五 同(大串博志君紹介)(第一六一六号)
 六八六 同(大口善徳君紹介)(第一六一七号)
 六八七 同(逢坂誠二君紹介)(第一六一八号)
 六八八 同(岡本あき子君紹介)(第一六一九号)
 六八九 同(岡本充功君紹介)(第一六二〇号)
 六九〇 同(金子恭之君紹介)(第一六二一号)
 六九一 同(菅家一郎君紹介)(第一六二二号)
 六九二 同(吉良州司君紹介)(第一六二三号)
 六九三 同(小寺裕雄君紹介)(第一六二四号)
 六九四 同(中曽根康隆君紹介)(第一六二五号)
 六九五 同(三原朝彦君紹介)(第一六二六号)
 六九六 同(宮本岳志君紹介)(第一六二七号)
 六九七 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(初鹿明博君紹介)(第一五〇八号)
 六九八 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(下条みつ君紹介)(第一五〇九号)
 六九九 同(初鹿明博君紹介)(第一五一〇号)
 七〇〇 社会保険料の負担軽減に関する請願(初鹿明博君紹介)(第一五一一号)
 七〇一 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(下条みつ君紹介)(第一五一二号)
 七〇二 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(初鹿明博君紹介)(第一五一三号)
 七〇三 国の責任で社会保障制度の拡充等を求めることに関する請願(初鹿明博君紹介)(第一五一四号)
 七〇四 介護・福祉・医療サービスにおける利用者負担等の撤廃に関する請願(初鹿明博君紹介)(第一五一五号)
 七〇五 精神保健医療福祉の改善に関する請願(緑川貴士君紹介)(第一六〇二号)
 七〇六 働き方改革一括法案の廃案を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一六四七号)
 七〇七 同(笠井亮君紹介)(第一六四八号)
 七〇八 同(穀田恵二君紹介)(第一六四九号)
 七〇九 同(志位和夫君紹介)(第一六五〇号)
 七一〇 同(塩川鉄也君紹介)(第一六五一号)
 七一一 同(田村貴昭君紹介)(第一六五二号)
 七一二 同(高橋千鶴子君紹介)(第一六五三号)
 七一三 同(畑野君枝君紹介)(第一六五四号)
 七一四 同(藤野保史君紹介)(第一六五五号)
 七一五 同(宮本岳志君紹介)(第一六五六号)
 七一六 同(宮本徹君紹介)(第一六五七号)
 七一七 同(本村伸子君紹介)(第一六五八号)
 七一八 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一六五九号)
 七一九 過労死と職場における差別の根絶に関する請願(畑野君枝君紹介)(第一六六〇号)
 七二〇 同(藤野保史君紹介)(第一六六一号)
 七二一 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(門博文君紹介)(第一六六二号)
 七二二 同(金子万寿夫君紹介)(第一六六三号)
 七二三 同(青柳陽一郎君紹介)(第一六九三号)
 七二四 同(青山雅幸君紹介)(第一六九四号)
 七二五 同(青山大人君紹介)(第一六九五号)
 七二六 同(伊藤俊輔君紹介)(第一六九六号)
 七二七 同(石破茂君紹介)(第一六九七号)
 七二八 同(岩屋毅君紹介)(第一六九八号)
 七二九 同(小沢一郎君紹介)(第一六九九号)
 七三〇 同(大河原雅子君紹介)(第一七〇〇号)
 七三一 同(大西健介君紹介)(第一七〇一号)
 七三二 同(岡田克也君紹介)(第一七〇二号)
 七三三 同(奥野総一郎君紹介)(第一七〇三号)
 七三四 同(神谷裕君紹介)(第一七〇四号)
 七三五 同(亀岡偉民君紹介)(第一七〇五号)
 七三六 同(河井克行君紹介)(第一七〇六号)
 七三七 同(岸本周平君紹介)(第一七〇七号)
 七三八 同(北村誠吾君紹介)(第一七〇八号)
 七三九 同(小林茂樹君紹介)(第一七〇九号)
 七四〇 同(國場幸之助君紹介)(第一七一〇号)
 七四一 同(櫻井周君紹介)(第一七一一号)
 七四二 同(塩谷立君紹介)(第一七一二号)
 七四三 同(階猛君紹介)(第一七一三号)
 七四四 同(鈴木馨祐君紹介)(第一七一四号)
 七四五 同(関芳弘君紹介)(第一七一五号)
 七四六 同(園田博之君紹介)(第一七一六号)
 七四七 同(田中和徳君紹介)(第一七一七号)
 七四八 同(武村展英君紹介)(第一七一八号)
 七四九 同(辻元清美君紹介)(第一七一九号)
 七五〇 同(寺田学君紹介)(第一七二〇号)
 七五一 同(冨樫博之君紹介)(第一七二一号)
 七五二 同(中川正春君紹介)(第一七二二号)
 七五三 同(中谷一馬君紹介)(第一七二三号)
 七五四 同(中谷真一君紹介)(第一七二四号)
 七五五 同(中野洋昌君紹介)(第一七二五号)
 七五六 同(中村裕之君紹介)(第一七二六号)
 七五七 同(長尾秀樹君紹介)(第一七二七号)
 七五八 同(長谷川嘉一君紹介)(第一七二八号)
 七五九 同(濱村進君紹介)(第一七二九号)
 七六〇 同(原口一博君紹介)(第一七三〇号)
 七六一 同(福田昭夫君紹介)(第一七三一号)
 七六二 同(船田元君紹介)(第一七三二号)
 七六三 同(細田博之君紹介)(第一七三三号)
 七六四 同(宮本岳志君紹介)(第一七三四号)
 七六五 同(宮本徹君紹介)(第一七三五号)
 七六六 同(務台俊介君紹介)(第一七三六号)
 七六七 同(森山裕君紹介)(第一七三七号)
 七六八 同(八木哲也君紹介)(第一七三八号)
 七六九 同(矢上雅義君紹介)(第一七三九号)
 七七〇 同(山田賢司君紹介)(第一七四〇号)
 七七一 同(山本幸三君紹介)(第一七四一号)
 七七二 同(山本和嘉子君紹介)(第一七四二号)
 七七三 同(赤澤亮正君紹介)(第一七九〇号)
 七七四 同(赤羽一嘉君紹介)(第一七九一号)
 七七五 同(井上義久君紹介)(第一七九二号)
 七七六 同(稲田朋美君紹介)(第一七九三号)
 七七七 同(稲津久君紹介)(第一七九四号)
 七七八 同(稲富修二君紹介)(第一七九五号)
 七七九 同(大隈和英君紹介)(第一七九六号)
 七八〇 同(逢坂誠二君紹介)(第一七九七号)
 七八一 同(岡島一正君紹介)(第一七九八号)
 七八二 同(金子恵美君紹介)(第一七九九号)
 七八三 同(亀井亜紀子君紹介)(第一八〇〇号)
 七八四 同(吉良州司君紹介)(第一八〇一号)
 七八五 同(菊田真紀子君紹介)(第一八〇二号)
 七八六 同(後藤祐一君紹介)(第一八〇三号)
 七八七 同(近藤和也君紹介)(第一八〇四号)
 七八八 同(佐々木隆博君紹介)(第一八〇五号)
 七八九 同(佐藤公治君紹介)(第一八〇六号)
 七九〇 同(重徳和彦君紹介)(第一八〇七号)
 七九一 同(鈴木貴子君紹介)(第一八〇八号)
 七九二 同(関健一郎君紹介)(第一八〇九号)
 七九三 同(玉城デニー君紹介)(第一八一〇号)
 七九四 同(中野洋昌君紹介)(第一八一一号)
 七九五 同(西岡秀子君紹介)(第一八一二号)
 七九六 同(馬場伸幸君紹介)(第一八一三号)
 七九七 同(前原誠司君紹介)(第一八一四号)
 七九八 同(三ッ林裕巳君紹介)(第一八一五号)
 七九九 同(宮川伸君紹介)(第一八一六号)
 八〇〇 同(宗清皇一君紹介)(第一八一七号)
 八〇一 同(山岡達丸君紹介)(第一八一八号)
 八〇二 同(柚木道義君紹介)(第一八一九号)
 八〇三 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(石田祝稔君紹介)(第一六六四号)
 八〇四 同(岩田和親君紹介)(第一六六五号)
 八〇五 同(門博文君紹介)(第一六六六号)
 八〇六 同(金子万寿夫君紹介)(第一六六七号)
 八〇七 同(亀岡偉民君紹介)(第一六六八号)
 八〇八 同(坂本哲志君紹介)(第一六六九号)
 八〇九 同(武井俊輔君紹介)(第一六七〇号)
 八一〇 同(中野洋昌君紹介)(第一六七一号)
 八一一 同(長谷川嘉一君紹介)(第一六七二号)
 八一二 同(船橋利実君紹介)(第一六七三号)
 八一三 同(細野豪志君紹介)(第一六七四号)
 八一四 同(山井和則君紹介)(第一六七五号)
 八一五 同(伊藤渉君紹介)(第一七四七号)
 八一六 同(上野宏史君紹介)(第一七四八号)
 八一七 同(尾身朝子君紹介)(第一七四九号)
 八一八 同(小林茂樹君紹介)(第一七五〇号)
 八一九 同(辻元清美君紹介)(第一七五一号)
 八二〇 同(平口洋君紹介)(第一七五二号)
 八二一 同(船田元君紹介)(第一七五三号)
 八二二 同(山岡達丸君紹介)(第一七五四号)
 八二三 同(棚橋泰文君紹介)(第一八二二号)
 八二四 同(馬場伸幸君紹介)(第一八二三号)
 八二五 同(古川康君紹介)(第一八二四号)
 八二六 同(本多平直君紹介)(第一八二五号)
 八二七 労働時間を短縮し、人間らしい働き方を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一六八〇号)
 八二八 同(笠井亮君紹介)(第一六八一号)
 八二九 同(穀田恵二君紹介)(第一六八二号)
 八三〇 同(志位和夫君紹介)(第一六八三号)
 八三一 同(塩川鉄也君紹介)(第一六八四号)
 八三二 同(田村貴昭君紹介)(第一六八五号)
 八三三 同(高橋千鶴子君紹介)(第一六八六号)
 八三四 同(畑野君枝君紹介)(第一六八七号)
 八三五 同(藤野保史君紹介)(第一六八八号)
 八三六 同(宮本岳志君紹介)(第一六八九号)
 八三七 同(宮本徹君紹介)(第一六九〇号)
 八三八 同(本村伸子君紹介)(第一六九一号)
 八三九 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(河井克行君紹介)(第一六九二号)
 八四〇 同(赤羽一嘉君紹介)(第一七八九号)
 八四一 公正な賃金・労働条件に関する請願(浅野哲君紹介)(第一七四三号)
 八四二 同(長尾秀樹君紹介)(第一七四四号)
 八四三 同(長谷川嘉一君紹介)(第一七四五号)
 八四四 同(山内康一君紹介)(第一七四六号)
 八四五 同(菊田真紀子君紹介)(第一八二〇号)
 八四六 同(志位和夫君紹介)(第一八二一号)
 八四七 現下の雇用失業情勢を踏まえた労働行政体制の拡充・強化を目指すことに関する請願(逢坂誠二君紹介)(第一七八五号)
 八四八 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(逢坂誠二君紹介)(第一七八六号)
 八四九 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(金子恵美君紹介)(第一七八七号)
 八五〇 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(重徳和彦君紹介)(第一七八八号)
 八五一 旧優生保護法に基づく不妊手術を施行された被害者に対する早期の政治的救済制度確立に関する請願(西村智奈美君紹介)(第一八七〇号)
 八五二 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(白石洋一君紹介)(第一八七一号)
 八五三 同(塩川鉄也君紹介)(第一九四三号)
 八五四 同(篠原孝君紹介)(第一九四四号)
 八五五 同(本村伸子君紹介)(第一九八〇号)
 八五六 過労死と職場における差別の根絶に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一八七二号)
 八五七 同(笠井亮君紹介)(第一八七三号)
 八五八 同(穀田恵二君紹介)(第一八七四号)
 八五九 同(志位和夫君紹介)(第一八七五号)
 八六〇 同(塩川鉄也君紹介)(第一八七六号)
 八六一 同(田村貴昭君紹介)(第一八七七号)
 八六二 同(高橋千鶴子君紹介)(第一八七八号)
 八六三 同(畑野君枝君紹介)(第一八七九号)
 八六四 同(藤野保史君紹介)(第一八八〇号)
 八六五 同(宮本岳志君紹介)(第一八八一号)
 八六六 同(宮本徹君紹介)(第一八八二号)
 八六七 同(本村伸子君紹介)(第一八八三号)
 八六八 同(小川淳也君紹介)(第一九八三号)
 八六九 全国一律最低賃金制度の実現を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一八八四号)
 八七〇 同(笠井亮君紹介)(第一八八五号)
 八七一 同(穀田恵二君紹介)(第一八八六号)
 八七二 同(志位和夫君紹介)(第一八八七号)
 八七三 同(塩川鉄也君紹介)(第一八八八号)
 八七四 同(田村貴昭君紹介)(第一八八九号)
 八七五 同(高橋千鶴子君紹介)(第一八九〇号)
 八七六 同(畑野君枝君紹介)(第一八九一号)
 八七七 同(藤野保史君紹介)(第一八九二号)
 八七八 同(宮本岳志君紹介)(第一八九三号)
 八七九 同(宮本徹君紹介)(第一八九四号)
 八八〇 同(本村伸子君紹介)(第一八九五号)
 八八一 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一八九六号)
 八八二 同(池田真紀君紹介)(第一八九七号)
 八八三 同(神山佐市君紹介)(第一八九八号)
 八八四 同(熊田裕通君紹介)(第一八九九号)
 八八五 同(小島敏文君紹介)(第一九〇〇号)
 八八六 同(小寺裕雄君紹介)(第一九〇一号)
 八八七 同(白石洋一君紹介)(第一九〇二号)
 八八八 同(武内則男君紹介)(第一九〇三号)
 八八九 同(中野洋昌君紹介)(第一九〇四号)
 八九〇 同(西村智奈美君紹介)(第一九〇五号)
 八九一 同(野田毅君紹介)(第一九〇六号)
 八九二 同(御法川信英君紹介)(第一九〇七号)
 八九三 同(山川百合子君紹介)(第一九〇八号)
 八九四 同(泉健太君紹介)(第一九四八号)
 八九五 同(小熊慎司君紹介)(第一九四九号)
 八九六 同(木原誠二君紹介)(第一九五〇号)
 八九七 同(斉藤鉄夫君紹介)(第一九五一号)
 八九八 同(坂本哲志君紹介)(第一九五二号)
 八九九 同(塩川鉄也君紹介)(第一九五三号)
 九〇〇 同(篠原孝君紹介)(第一九五四号)
 九〇一 同(谷川とむ君紹介)(第一九五五号)
 九〇二 同(玉木雄一郎君紹介)(第一九五六号)
 九〇三 同(中野洋昌君紹介)(第一九五七号)
 九〇四 同(中山展宏君紹介)(第一九五八号)
 九〇五 同(長妻昭君紹介)(第一九五九号)
 九〇六 同(藤原崇君紹介)(第一九六〇号)
 九〇七 同(三浦靖君紹介)(第一九六一号)
 九〇八 同(秋葉賢也君紹介)(第一九八五号)
 九〇九 同(岩田和親君紹介)(第一九八六号)
 九一〇 同(江田憲司君紹介)(第一九八七号)
 九一一 同(小川淳也君紹介)(第一九八八号)
 九一二 同(神山佐市君紹介)(第一九八九号)
 九一三 同(工藤彰三君紹介)(第一九九〇号)
 九一四 同(黒岩宇洋君紹介)(第一九九一号)
 九一五 同(小宮山泰子君紹介)(第一九九二号)
 九一六 同(根本匠君紹介)(第一九九三号)
 九一七 同(船橋利実君紹介)(第一九九四号)
 九一八 同(古川元久君紹介)(第一九九五号)
 九一九 同(本村伸子君紹介)(第一九九六号)
 九二〇 公正な賃金・労働条件に関する請願(白石洋一君紹介)(第一九〇九号)
 九二一 同(小川淳也君紹介)(第一九九七号)
 九二二 同(黒岩宇洋君紹介)(第一九九八号)
 九二三 同(塩川鉄也君紹介)(第一九九九号)
 九二四 同(本村伸子君紹介)(第二〇〇〇号)
 九二五 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(池田真紀君紹介)(第一九一〇号)
 九二六 同(石田真敏君紹介)(第一九一一号)
 九二七 同(白石洋一君紹介)(第一九一二号)
 九二八 同(武田良太君紹介)(第一九一三号)
 九二九 同(津島淳君紹介)(第一九一四号)
 九三〇 同(宮内秀樹君紹介)(第一九一五号)
 九三一 同(小熊慎司君紹介)(第一九六二号)
 九三二 同(高橋ひなこ君紹介)(第一九六三号)
 九三三 同(橋本岳君紹介)(第一九六四号)
 九三四 同(藤原崇君紹介)(第一九六五号)
 九三五 同(根本匠君紹介)(第二〇〇一号)
 九三六 同(本村伸子君紹介)(第二〇〇二号)
 九三七 現下の雇用失業情勢を踏まえた労働行政体制の拡充・強化を目指すことに関する請願(小川淳也君紹介)(第一九一六号)
 九三八 同(西村智奈美君紹介)(第一九一七号)
 九三九 同(篠原孝君紹介)(第一九六六号)
 九四〇 同(稲富修二君紹介)(第二〇〇三号)
 九四一 同(玉城デニー君紹介)(第二〇〇四号)
 九四二 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一九四五号)
 九四三 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一九四六号)
 九四四 同(篠原孝君紹介)(第一九四七号)
 九四五 同(本村伸子君紹介)(第一九八四号)
 九四六 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(本村伸子君紹介)(第一九七八号)
 九四七 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(本村伸子君紹介)(第一九七九号)
 九四八 さらなる患者負担増計画の中止に関する請願(本村伸子君紹介)(第一九八一号)
 九四九 医療・介護の負担増の中止に関する請願(本村伸子君紹介)(第一九八二号)
 九五〇 ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の支援と肝炎ウイルス検診等の推進に関する請願(穴見陽一君紹介)(第二〇七三号)
 九五一 同(井野俊郎君紹介)(第二〇七四号)
 九五二 同(江田康幸君紹介)(第二〇七五号)
 九五三 同(柿沢未途君紹介)(第二〇七六号)
 九五四 同(後藤田正純君紹介)(第二〇七七号)
 九五五 同(佐藤明男君紹介)(第二〇七八号)
 九五六 同(階猛君紹介)(第二〇七九号)
 九五七 同(白須賀貴樹君紹介)(第二〇八〇号)
 九五八 同(中野洋昌君紹介)(第二〇八一号)
 九五九 同(西村智奈美君紹介)(第二〇八二号)
 九六〇 同(福田昭夫君紹介)(第二〇八三号)
 九六一 同(三ッ林裕巳君紹介)(第二〇八四号)
 九六二 同(青山雅幸君紹介)(第二一四一号)
 九六三 同(秋葉賢也君紹介)(第二一四二号)
 九六四 同(尾辻かな子君紹介)(第二一四三号)
 九六五 同(大西健介君紹介)(第二一四四号)
 九六六 同(小林鷹之君紹介)(第二一四五号)
 九六七 同(山井和則君紹介)(第二一四六号)
 九六八 同(渡辺孝一君紹介)(第二一四七号)
 九六九 同(渡辺博道君紹介)(第二一四八号)
 九七〇 同(後藤茂之君紹介)(第二一七八号)
 九七一 同(柚木道義君紹介)(第二一七九号)
 九七二 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(大河原雅子君紹介)(第二〇八五号)
 九七三 同(岸本周平君紹介)(第二〇八六号)
 九七四 同(佐藤公治君紹介)(第二〇八七号)
 九七五 同(玉城デニー君紹介)(第二〇八八号)
 九七六 同(川内博史君紹介)(第二一二〇号)
 九七七 同(日吉雄太君紹介)(第二一二一号)
 九七八 同(松平浩一君紹介)(第二一二二号)
 九七九 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(藤野保史君紹介)(第二〇八九号)
 九八〇 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(今井雅人君紹介)(第二〇九〇号)
 九八一 同(西村明宏君紹介)(第二〇九一号)
 九八二 同(加藤鮎子君紹介)(第二一二四号)
 九八三 同(馳浩君紹介)(第二一二五号)
 九八四 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(藤野保史君紹介)(第二〇九二号)
 九八五 同(堀越啓仁君紹介)(第二〇九三号)
 九八六 同(道下大樹君紹介)(第二〇九四号)
 九八七 同(山内康一君紹介)(第二〇九五号)
 九八八 同(吉川貴盛君紹介)(第二〇九六号)
 九八九 同(尾辻かな子君紹介)(第二一二六号)
 九九〇 同(大串博志君紹介)(第二一二七号)
 九九一 同(川内博史君紹介)(第二一二八号)
 九九二 同(志位和夫君紹介)(第二一二九号)
 九九三 同(田中英之君紹介)(第二一三〇号)
 九九四 同(馳浩君紹介)(第二一三一号)
 九九五 同(日吉雄太君紹介)(第二一三二号)
 九九六 同(山井和則君紹介)(第二一三三号)
 九九七 同(山本拓君紹介)(第二一三四号)
 九九八 同(穴見陽一君紹介)(第二一七〇号)
 九九九 同(江田康幸君紹介)(第二一七一号)
一〇〇〇 同(谷川弥一君紹介)(第二一七二号)
一〇〇一 同(本多平直君紹介)(第二一七三号)
一〇〇二 同(笠浩史君紹介)(第二一七四号)
一〇〇三 公正な賃金・労働条件に関する請願(藤野保史君紹介)(第二〇九七号)
一〇〇四 同(道下大樹君紹介)(第二〇九八号)
一〇〇五 同(日吉雄太君紹介)(第二一三五号)
一〇〇六 同(櫻井周君紹介)(第二一七五号)
一〇〇七 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(西村明宏君紹介)(第二〇九九号)
一〇〇八 同(藤野保史君紹介)(第二一〇〇号)
一〇〇九 同(堀越啓仁君紹介)(第二一〇一号)
一〇一〇 同(道下大樹君紹介)(第二一〇二号)
一〇一一 同(浮島智子君紹介)(第二一三六号)
一〇一二 同(神田憲次君紹介)(第二一三七号)
一〇一三 同(田中英之君紹介)(第二一三八号)
一〇一四 同(馳浩君紹介)(第二一三九号)
一〇一五 現下の雇用失業情勢を踏まえた労働行政体制の拡充・強化を目指すことに関する請願(矢上雅義君紹介)(第二一〇三号)
一〇一六 同(大西健介君紹介)(第二一四〇号)
一〇一七 同(尾辻かな子君紹介)(第二一七六号)
一〇一八 同(柚木道義君紹介)(第二一七七号)
一〇一九 てんかんのある人とその家族の生活を支えることに関する請願(大河原雅子君紹介)(第二一一六号)
一〇二〇 同(大西健介君紹介)(第二一一七号)
一〇二一 同(中川正春君紹介)(第二一一八号)
一〇二二 同(青柳陽一郎君紹介)(第二一八〇号)
一〇二三 同(秋葉賢也君紹介)(第二一八一号)
一〇二四 同(荒井聰君紹介)(第二一八二号)
一〇二五 同(尾辻かな子君紹介)(第二一八三号)
一〇二六 同(後藤茂之君紹介)(第二一八四号)
一〇二七 同(武井俊輔君紹介)(第二一八五号)
一〇二八 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(志位和夫君紹介)(第二一一九号)
一〇二九 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(馳浩君紹介)(第二一二三号)
一〇三〇 過労死と職場における差別の根絶に関する請願(柚木道義君紹介)(第二二〇九号)
一〇三一 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(枝野幸男君紹介)(第二二一〇号)
一〇三二 同(大岡敏孝君紹介)(第二二一一号)
一〇三三 同(佐藤英道君紹介)(第二二一二号)
一〇三四 同(高市早苗君紹介)(第二二一三号)
一〇三五 同(冨岡勉君紹介)(第二二一四号)
一〇三六 同(西田昭二君紹介)(第二二一五号)
一〇三七 同(藤丸敏君紹介)(第二二一六号)
一〇三八 同(星野剛士君紹介)(第二二一七号)
一〇三九 同(桝屋敬悟君紹介)(第二二一八号)
一〇四〇 同(三原朝彦君紹介)(第二二一九号)
一〇四一 同(宮路拓馬君紹介)(第二二二〇号)
一〇四二 同(山崎誠君紹介)(第二二二一号)
一〇四三 同(吉川元君紹介)(第二二二二号)
一〇四四 同(早稲田夕季君紹介)(第二二二三号)
一〇四五 同(阿部知子君紹介)(第二三四一号)
一〇四六 同(石川昭政君紹介)(第二三四二号)
一〇四七 同(笠井亮君紹介)(第二三四三号)
一〇四八 同(高村正大君紹介)(第二三四四号)
一〇四九 同(山本公一君紹介)(第二三四五号)
一〇五〇 同(横光克彦君紹介)(第二三四六号)
一〇五一 同(安藤裕君紹介)(第二四二七号)
一〇五二 同(伊藤渉君紹介)(第二四二八号)
一〇五三 同(太田昌孝君紹介)(第二四二九号)
一〇五四 同(岡本あき子君紹介)(第二四三〇号)
一〇五五 同(加藤寛治君紹介)(第二四三一号)
一〇五六 同(国光あやの君紹介)(第二四三二号)
一〇五七 同(左藤章君紹介)(第二四三三号)
一〇五八 同(斉木武志君紹介)(第二四三四号)
一〇五九 同(鈴木淳司君紹介)(第二四三五号)
一〇六〇 同(田嶋要君紹介)(第二四三六号)
一〇六一 同(田村貴昭君紹介)(第二四三七号)
一〇六二 同(照屋寛徳君紹介)(第二四三八号)
一〇六三 同(中山成彬君紹介)(第二四三九号)
一〇六四 同(平井卓也君紹介)(第二四四〇号)
一〇六五 公正な賃金・労働条件に関する請願(大岡敏孝君紹介)(第二二二四号)
一〇六六 同(金子恵美君紹介)(第二二二五号)
一〇六七 同(高橋千鶴子君紹介)(第二二二六号)
一〇六八 同(畑野君枝君紹介)(第二二二七号)
一〇六九 同(藤野保史君紹介)(第二二二八号)
一〇七〇 同(宮本岳志君紹介)(第二二二九号)
一〇七一 同(宮本徹君紹介)(第二二三〇号)
一〇七二 同(本村伸子君紹介)(第二二三一号)
一〇七三 同(阿部知子君紹介)(第二三六五号)
一〇七四 同(笠井亮君紹介)(第二三六六号)
一〇七五 同(吉川元君紹介)(第二三六七号)
一〇七六 同(照屋寛徳君紹介)(第二四五九号)
一〇七七 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(大岡敏孝君紹介)(第二二三二号)
一〇七八 同(金子恵美君紹介)(第二二三三号)
一〇七九 同(佐藤英道君紹介)(第二二三四号)
一〇八〇 同(田所嘉徳君紹介)(第二二三五号)
一〇八一 同(高市早苗君紹介)(第二二三六号)
一〇八二 同(桝屋敬悟君紹介)(第二二三七号)
一〇八三 同(吉川元君紹介)(第二二三八号)
一〇八四 同(阿部知子君紹介)(第二三六八号)
一〇八五 同(伊佐進一君紹介)(第二四六〇号)
一〇八六 同(菊田真紀子君紹介)(第二四六一号)
一〇八七 同(国光あやの君紹介)(第二四六二号)
一〇八八 同(左藤章君紹介)(第二四六三号)
一〇八九 同(広田一君紹介)(第二四六四号)
一〇九〇 現下の雇用失業情勢を踏まえた労働行政体制の拡充・強化を目指すことに関する請願(吉川元君紹介)(第二二三九号)
一〇九一 同(照屋寛徳君紹介)(第二四六五号)
一〇九二 ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の支援と肝炎ウイルス検診等の推進に関する請願(岡本充功君紹介)(第二二四〇号)
一〇九三 同(船田元君紹介)(第二二四一号)
一〇九四 同(船橋利実君紹介)(第二二四二号)
一〇九五 同(桝屋敬悟君紹介)(第二二四三号)
一〇九六 同(小宮山泰子君紹介)(第二三六九号)
一〇九七 同(田中和徳君紹介)(第二三七〇号)
一〇九八 同(伊佐進一君紹介)(第二四六六号)
一〇九九 てんかんのある人とその家族の生活を支えることに関する請願(遠山清彦君紹介)(第二二四四号)
一一〇〇 同(船橋利実君紹介)(第二二四五号)
一一〇一 同(三ッ林裕巳君紹介)(第二二四六号)
一一〇二 同(赤嶺政賢君紹介)(第二三七一号)
一一〇三 同(稲富修二君紹介)(第二三七二号)
一一〇四 同(小川淳也君紹介)(第二三七三号)
一一〇五 同(中野洋昌君紹介)(第二三七四号)
一一〇六 同(長谷川嘉一君紹介)(第二三七五号)
一一〇七 同(工藤彰三君紹介)(第二四六七号)
一一〇八 学童保育(放課後児童健全育成事業)の「従うべき基準」を堅持することに関する請願(阿部知子君紹介)(第二三〇六号)
一一〇九 同(枝野幸男君紹介)(第二三〇七号)
一一一〇 同(大河原雅子君紹介)(第二三〇八号)
一一一一 同(大塚高司君紹介)(第二三〇九号)
一一一二 同(神山佐市君紹介)(第二三一〇号)
一一一三 同(亀岡偉民君紹介)(第二三一一号)
一一一四 同(重徳和彦君紹介)(第二三一二号)
一一一五 同(階猛君紹介)(第二三一三号)
一一一六 同(高木錬太郎君紹介)(第二三一四号)
一一一七 同(早稲田夕季君紹介)(第二三一五号)
一一一八 同(岡本充功君紹介)(第二四六八号)
一一一九 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(阿部知子君紹介)(第二三一六号)
一一二〇 社会保険料の負担軽減に関する請願(小宮山泰子君紹介)(第二三一七号)
一一二一 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(阿部知子君紹介)(第二三一八号)
一一二二 同(赤嶺政賢君紹介)(第二三一九号)
一一二三 同(笠井亮君紹介)(第二三二〇号)
一一二四 同(小宮山泰子君紹介)(第二三二一号)
一一二五 同(穀田恵二君紹介)(第二三二二号)
一一二六 同(志位和夫君紹介)(第二三二三号)
一一二七 同(塩川鉄也君紹介)(第二三二四号)
一一二八 同(田村貴昭君紹介)(第二三二五号)
一一二九 同(高橋千鶴子君紹介)(第二三二六号)
一一三〇 同(畑野君枝君紹介)(第二三二七号)
一一三一 同(藤野保史君紹介)(第二三二八号)
一一三二 同(宮本岳志君紹介)(第二三二九号)
一一三三 同(宮本徹君紹介)(第二三三〇号)
一一三四 同(本村伸子君紹介)(第二三三一号)
一一三五 同(青柳陽一郎君紹介)(第二四一七号)
一一三六 同(田嶋要君紹介)(第二四一八号)
一一三七 同(照屋寛徳君紹介)(第二四一九号)
一一三八 同(広田一君紹介)(第二四二〇号)
一一三九 同(道下大樹君紹介)(第二四二一号)
一一四〇 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(阿部知子君紹介)(第二三三二号)
一一四一 同(広田一君紹介)(第二四二二号)
一一四二 精神保健医療福祉の改善に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二三三三号)
一一四三 同(畑野君枝君紹介)(第二三三四号)
一一四四 同(藤野保史君紹介)(第二三三五号)
一一四五 同(宮本岳志君紹介)(第二三三六号)
一一四六 同(宮本徹君紹介)(第二三三七号)
一一四七 同(本村伸子君紹介)(第二三三八号)
一一四八 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(小宮山泰子君紹介)(第二三三九号)
一一四九 同(関健一郎君紹介)(第二四二三号)
一一五〇 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(山本公一君紹介)(第二三四〇号)
一一五一 同(田嶋要君紹介)(第二四二四号)
一一五二 同(平井卓也君紹介)(第二四二五号)
一一五三 同(広田一君紹介)(第二四二六号)
一一五四 神経系疾患である筋痛性脳脊髄炎の研究推進に関する請願(阿部知子君紹介)(第二三四七号)
一一五五 同(赤嶺政賢君紹介)(第二三四八号)
一一五六 同(井上義久君紹介)(第二三四九号)
一一五七 同(稲津久君紹介)(第二三五〇号)
一一五八 同(大西健介君紹介)(第二三五一号)
一一五九 同(奥野総一郎君紹介)(第二三五二号)
一一六〇 同(柿沢未途君紹介)(第二三五三号)
一一六一 同(神山佐市君紹介)(第二三五四号)
一一六二 同(小宮山泰子君紹介)(第二三五五号)
一一六三 同(重徳和彦君紹介)(第二三五六号)
一一六四 同(中谷真一君紹介)(第二三五七号)
一一六五 同(福田昭夫君紹介)(第二三五八号)
一一六六 同(松本純君紹介)(第二三五九号)
一一六七 同(御法川信英君紹介)(第二三六〇号)
一一六八 同(宮本徹君紹介)(第二三六一号)
一一六九 同(務台俊介君紹介)(第二三六二号)
一一七〇 同(山井和則君紹介)(第二三六三号)
一一七一 同(渡辺博道君紹介)(第二三六四号)
一一七二 同(井上英孝君紹介)(第二四四一号)
一一七三 同(浦野靖人君紹介)(第二四四二号)
一一七四 同(江田康幸君紹介)(第二四四三号)
一一七五 同(岡本充功君紹介)(第二四四四号)
一一七六 同(金子恭之君紹介)(第二四四五号)
一一七七 同(木原誠二君紹介)(第二四四六号)
一一七八 同(菊田真紀子君紹介)(第二四四七号)
一一七九 同(国光あやの君紹介)(第二四四八号)
一一八〇 同(左藤章君紹介)(第二四四九号)
一一八一 同(田嶋要君紹介)(第二四五〇号)
一一八二 同(照屋寛徳君紹介)(第二四五一号)
一一八三 同(中村裕之君紹介)(第二四五二号)
一一八四 同(西村智奈美君紹介)(第二四五三号)
一一八五 同(星野剛士君紹介)(第二四五四号)
一一八六 同(桝屋敬悟君紹介)(第二四五五号)
一一八七 同(三ッ林裕巳君紹介)(第二四五六号)
一一八八 同(務台俊介君紹介)(第二四五七号)
一一八九 同(柚木道義君紹介)(第二四五八号)
一一九〇 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(志位和夫君紹介)(第二四一五号)
一一九一 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(広田一君紹介)(第二四一六号)
一一九二 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二五一九号)
一一九三 社会保険料の負担軽減に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二五二〇号)
一一九四 同(本村伸子君紹介)(第二五二一号)
一一九五 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(宮本徹君紹介)(第二五二二号)
一一九六 同(本村伸子君紹介)(第二五二三号)
一一九七 同(吉川元君紹介)(第二五二四号)
一一九八 同(早稲田夕季君紹介)(第二五二五号)
一一九九 同(生方幸夫君紹介)(第二六一九号)
一二〇〇 同(中島克仁君紹介)(第二六二〇号)
一二〇一 同(もとむら賢太郎君紹介)(第二七八〇号)
一二〇二 同(早稲田夕季君紹介)(第二七八一号)
一二〇三 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二五二六号)
一二〇四 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(今村雅弘君紹介)(第二五二七号)
一二〇五 同(上杉謙太郎君紹介)(第二五二八号)
一二〇六 同(玄葉光一郎君紹介)(第二六二二号)
一二〇七 同(中島克仁君紹介)(第二六二三号)
一二〇八 同(畑野君枝君紹介)(第二六二四号)
一二〇九 同(村上誠一郎君紹介)(第二六二五号)
一二一〇 同(鷲尾英一郎君紹介)(第二七八三号)
一二一一 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(池田道孝君紹介)(第二五二九号)
一二一二 同(今井雅人君紹介)(第二五三〇号)
一二一三 同(今村雅弘君紹介)(第二五三一号)
一二一四 同(遠藤敬君紹介)(第二五三二号)
一二一五 同(穀田恵二君紹介)(第二五三三号)
一二一六 同(田村貴昭君紹介)(第二五三四号)
一二一七 同(土屋品子君紹介)(第二五三五号)
一二一八 同(原田憲治君紹介)(第二五三六号)
一二一九 同(緑川貴士君紹介)(第二五三七号)
一二二〇 同(渡辺孝一君紹介)(第二五三八号)
一二二一 同(渡辺周君紹介)(第二五三九号)
一二二二 同(赤嶺政賢君紹介)(第二六二六号)
一二二三 同(浅野哲君紹介)(第二六二七号)
一二二四 同(笠井亮君紹介)(第二六二八号)
一二二五 同(玄葉光一郎君紹介)(第二六二九号)
一二二六 同(穀田恵二君紹介)(第二六三〇号)
一二二七 同(志位和夫君紹介)(第二六三一号)
一二二八 同(塩川鉄也君紹介)(第二六三二号)
一二二九 同(田村貴昭君紹介)(第二六三三号)
一二三〇 同(高橋千鶴子君紹介)(第二六三四号)
一二三一 同(中島克仁君紹介)(第二六三五号)
一二三二 同(西村明宏君紹介)(第二六三六号)
一二三三 同(畑野君枝君紹介)(第二六三七号)
一二三四 同(藤野保史君紹介)(第二六三八号)
一二三五 同(緑川貴士君紹介)(第二六三九号)
一二三六 同(宮本岳志君紹介)(第二六四〇号)
一二三七 同(宮本徹君紹介)(第二六四一号)
一二三八 同(村上誠一郎君紹介)(第二六四二号)
一二三九 同(本村伸子君紹介)(第二六四三号)
一二四〇 同(山尾志桜里君紹介)(第二六四四号)
一二四一 同(足立康史君紹介)(第二七一三号)
一二四二 同(近藤昭一君紹介)(第二七一四号)
一二四三 同(畑野君枝君紹介)(第二七一五号)
一二四四 同(初鹿明博君紹介)(第二七一六号)
一二四五 同(牧義夫君紹介)(第二七一七号)
一二四六 同(井上一徳君紹介)(第二七八四号)
一二四七 同(菅直人君紹介)(第二七八五号)
一二四八 同(佐々木紀君紹介)(第二七八六号)
一二四九 同(下条みつ君紹介)(第二七八七号)
一二五〇 同(末松義規君紹介)(第二七八八号)
一二五一 同(高橋千鶴子君紹介)(第二七八九号)
一二五二 同(遠山清彦君紹介)(第二七九〇号)
一二五三 同(永岡桂子君紹介)(第二七九一号)
一二五四 同(もとむら賢太郎君紹介)(第二七九二号)
一二五五 同(森山浩行君紹介)(第二七九三号)
一二五六 神経系疾患である筋痛性脳脊髄炎の研究推進に関する請願(大串博志君紹介)(第二五四〇号)
一二五七 同(大隈和英君紹介)(第二五四一号)
一二五八 同(穀田恵二君紹介)(第二五四二号)
一二五九 同(佐藤茂樹君紹介)(第二五四三号)
一二六〇 同(高橋千鶴子君紹介)(第二五四四号)
一二六一 同(富田茂之君紹介)(第二五四五号)
一二六二 同(生方幸夫君紹介)(第二六四五号)
一二六三 同(金子恵美君紹介)(第二六四六号)
一二六四 同(後藤茂之君紹介)(第二六四七号)
一二六五 同(中野洋昌君紹介)(第二六四八号)
一二六六 同(長尾敬君紹介)(第二六四九号)
一二六七 同(西村明宏君紹介)(第二六五〇号)
一二六八 同(井出庸生君紹介)(第二七一八号)
一二六九 同(尾辻かな子君紹介)(第二七一九号)
一二七〇 同(木原誠二君紹介)(第二七二〇号)
一二七一 同(津村啓介君紹介)(第二七二一号)
一二七二 同(初鹿明博君紹介)(第二七二二号)
一二七三 同(池田真紀君紹介)(第二七九四号)
一二七四 同(木村弥生君紹介)(第二七九五号)
一二七五 同(辻元清美君紹介)(第二七九六号)
一二七六 同(石破茂君紹介)(第二八三七号)
一二七七 公正な賃金・労働条件に関する請願(田村貴昭君紹介)(第二五四六号)
一二七八 同(高橋千鶴子君紹介)(第二五四七号)
一二七九 同(中島克仁君紹介)(第二六五一号)
一二八〇 同(津村啓介君紹介)(第二七二三号)
一二八一 同(畑野君枝君紹介)(第二七二四号)
一二八二 同(田嶋要君紹介)(第二七九七号)
一二八三 同(鷲尾英一郎君紹介)(第二七九八号)
一二八四 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(今村雅弘君紹介)(第二五四八号)
一二八五 同(穀田恵二君紹介)(第二五四九号)
一二八六 同(高橋千鶴子君紹介)(第二五五〇号)
一二八七 同(富田茂之君紹介)(第二五五一号)
一二八八 同(玄葉光一郎君紹介)(第二六五二号)
一二八九 同(畑野君枝君紹介)(第二七二五号)
一二九〇 同(永岡桂子君紹介)(第二七九九号)
一二九一 同(森山浩行君紹介)(第二八〇〇号)
一二九二 ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の支援と肝炎ウイルス検診等の推進に関する請願(繁本護君紹介)(第二五五二号)
一二九三 同(白石洋一君紹介)(第二五五三号)
一二九四 同(高橋千鶴子君紹介)(第二五五四号)
一二九五 同(高橋ひなこ君紹介)(第二五五五号)
一二九六 同(吉田統彦君紹介)(第二五五六号)
一二九七 同(田村憲久君紹介)(第二六五四号)
一二九八 同(長尾敬君紹介)(第二六五五号)
一二九九 同(安藤高夫君紹介)(第二七二八号)
一三〇〇 同(橋本岳君紹介)(第二七二九号)
一三〇一 同(長谷川嘉一君紹介)(第二七三〇号)
一三〇二 同(初鹿明博君紹介)(第二七三一号)
一三〇三 同(足立康史君紹介)(第二八〇二号)
一三〇四 同(菅直人君紹介)(第二八〇三号)
一三〇五 同(木村哲也君紹介)(第二八〇四号)
一三〇六 同(木村弥生君紹介)(第二八〇五号)
一三〇七 同(国光あやの君紹介)(第二八〇六号)
一三〇八 同(堀内詔子君紹介)(第二八〇七号)
一三〇九 同(古屋範子君紹介)(第二八三八号)
一三一〇 てんかんのある人とその家族の生活を支えることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二五五七号)
一三一一 同(吉田統彦君紹介)(第二五五八号)
一三一二 同(大隈和英君紹介)(第二七三二号)
一三一三 同(池田真紀君紹介)(第二八〇八号)
一三一四 同(鷲尾英一郎君紹介)(第二八〇九号)
一三一五 学童保育(放課後児童健全育成事業)の「従うべき基準」を堅持することに関する請願(上杉謙太郎君紹介)(第二五五九号)
一三一六 同(河井克行君紹介)(第二五六〇号)
一三一七 同(神田憲次君紹介)(第二五六一号)
一三一八 同(高橋ひなこ君紹介)(第二五六二号)
一三一九 同(堀越啓仁君紹介)(第二五六三号)
一三二〇 同(本村伸子君紹介)(第二五六四号)
一三二一 同(吉川貴盛君紹介)(第二五六五号)
一三二二 同(赤嶺政賢君紹介)(第二六五六号)
一三二三 同(穴見陽一君紹介)(第二六五七号)
一三二四 同(笠井亮君紹介)(第二六五八号)
一三二五 同(金子恵美君紹介)(第二六五九号)
一三二六 同(玄葉光一郎君紹介)(第二六六〇号)
一三二七 同(小林茂樹君紹介)(第二六六一号)
一三二八 同(穀田恵二君紹介)(第二六六二号)
一三二九 同(志位和夫君紹介)(第二六六三号)
一三三〇 同(塩川鉄也君紹介)(第二六六四号)
一三三一 同(田村貴昭君紹介)(第二六六五号)
一三三二 同(高橋千鶴子君紹介)(第二六六六号)
一三三三 同(畑野君枝君紹介)(第二六六七号)
一三三四 同(福山守君紹介)(第二六六八号)
一三三五 同(藤野保史君紹介)(第二六六九号)
一三三六 同(宮本岳志君紹介)(第二六七〇号)
一三三七 同(宮本徹君紹介)(第二六七一号)
一三三八 同(本村伸子君紹介)(第二六七二号)
一三三九 同(山尾志桜里君紹介)(第二六七三号)
一三四〇 同(あべ俊子君紹介)(第二七三三号)
一三四一 同(泉健太君紹介)(第二七三四号)
一三四二 同(近藤昭一君紹介)(第二七三五号)
一三四三 同(櫻井周君紹介)(第二七三六号)
一三四四 同(橋本岳君紹介)(第二七三七号)
一三四五 同(馳浩君紹介)(第二七三八号)
一三四六 同(遠藤利明君紹介)(第二八一〇号)
一三四七 同(岡本あき子君紹介)(第二八一一号)
一三四八 同(小林鷹之君紹介)(第二八一二号)
一三四九 同(田野瀬太道君紹介)(第二八一三号)
一三五〇 国民が安心して暮らせるための社会保障制度の確立等を求めることに関する請願(金子恵美君紹介)(第二六一六号)
一三五一 社会保障の連続削減を中止し、充実を求めることに関する請願(畑野君枝君紹介)(第二六一七号)
一三五二 医療・介護の負担増の中止に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二六一八号)
一三五三 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第二六二一号)
一三五四 同(畑野君枝君紹介)(第二七八二号)
一三五五 現下の雇用失業情勢を踏まえた労働行政体制の拡充・強化を目指すことに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二六五三号)
一三五六 同(近藤昭一君紹介)(第二七二六号)
一三五七 同(初鹿明博君紹介)(第二七二七号)
一三五八 同(池田真紀君紹介)(第二八〇一号)
一三五九 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(畑野君枝君紹介)(第二七一一号)
一三六〇 同(森山浩行君紹介)(第二七七八号)
一三六一 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(畑野君枝君紹介)(第二七一二号)
一三六二 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(畑野君枝君紹介)(第二七七九号)
一三六三 中小零細企業の社会保険料負担の軽減、国庫負担増に関する請願(志位和夫君紹介)(第二八三五号)
一三六四 同(畑野君枝君紹介)(第二八三六号)
一三六五 障害福祉についての法制度の拡充に関する請願(穀田恵二君紹介)(第二八四一号)
一三六六 同(原田義昭君紹介)(第二八四二号)
一三六七 同(石崎徹君紹介)(第二八四八号)
一三六八 同(原田義昭君紹介)(第二八五一号)
一三六九 同(石川香織君紹介)(第二八五五号)
一三七〇 同(広田一君紹介)(第二八五七号)
一三七一 同(阿部知子君紹介)(第二八六〇号)
一三七二 同(江崎鐵磨君紹介)(第二九〇四号)
一三七三 同(高橋千鶴子君紹介)(第二九二八号)
一三七四 神経系疾患である筋痛性脳脊髄炎の研究推進に関する請願(泉健太君紹介)(第二八四四号)
一三七五 同(手塚仁雄君紹介)(第二八四五号)
一三七六 同(北村誠吾君紹介)(第二八六一号)
一三七七 同(伊佐進一君紹介)(第二九一七号)
一三七八 同(木原誠二君紹介)(第二九一八号)
一三七九 てんかんのある人とその家族の生活を支えることに関する請願(穴見陽一君紹介)(第二八四九号)
一三八〇 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善に関する請願(石川香織君紹介)(第二八五四号)
一三八一 難病患者が安心して生き、働ける社会の実現に関する請願(山田賢司君紹介)(第二八五六号)
一三八二 学童保育(放課後児童健全育成事業)の「従うべき基準」を堅持することに関する請願(船橋利実君紹介)(第二八五八号)
一三八三 同(宮内秀樹君紹介)(第二八六七号)
一三八四 同(大西健介君紹介)(第二九一九号)
一三八五 同(桝屋敬悟君紹介)(第二九二〇号)
一三八六 同(池田真紀君紹介)(第二九二九号)
一三八七 同(武村展英君紹介)(第二九三〇号)
一三八八 同(三ッ林裕巳君紹介)(第二九三一号)
一三八九 難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願(武村展英君紹介)(第二八六二号)
一三九〇 同(盛山正仁君紹介)(第二八六六号)
一三九一 腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(衛藤征士郎君紹介)(第二八六四号)
一三九二 同(盛山正仁君紹介)(第二八六五号)
一三九三 同(新谷正義君紹介)(第二八九三号)
一三九四 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(笠井亮君紹介)(第二八八九号)
一三九五 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(宮本徹君紹介)(第二八九〇号)
一三九六 同(塩川鉄也君紹介)(第二九一四号)
一三九七 同(田村貴昭君紹介)(第二九一五号)
一三九八 国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに関する請願(田村貴昭君紹介)(第二八九一号)
一三九九 同(高橋千鶴子君紹介)(第二八九二号)
一四〇〇 同(塩川鉄也君紹介)(第二九一六号)
一四〇一 安心・安全の医療・介護に関する請願(志位和夫君紹介)(第二八九四号)
一四〇二 中小零細企業の社会保険料負担の軽減、国庫負担増に関する請願(穀田恵二君紹介)(第二八九五号)
一四〇三 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二九一三号)
     ――――◇―――――
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/196/0097/19607200097037a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/196/0097/19607200097037.pdf

項目内容
回次:196
院名:衆議院
会議名:厚生労働委員会
号数:1号
開会日付:2018-03-09
発言順:0
発言者名:
発言:本国会召集日(平成三十年一月二十二日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 高鳥 修一君
   理事 後藤 茂之君 理事 田村 憲久君
   理事 橋本  岳君 理事 堀内 詔子君
   理事 渡辺 孝一君 理事 西村智奈美君
   理事 岡本 充功君 理事 桝屋 敬悟君
      赤澤 亮正君    秋葉 賢也君
      穴見 陽一君    安藤 高夫君
      井野 俊郎君    大岡 敏孝君
      木村 哲也君    木村 弥生君
      国光あやの君    小泉進次郎君
      小林 鷹之君    後藤田正純君
      佐藤 明男君    塩崎 恭久君
      繁本  護君    白須賀貴樹君
      田畑 裕明君    高橋ひなこ君
      長尾  敬君    船橋 利実君
      三ッ林裕巳君    山田 美樹君
      池田 真紀君    尾辻かな子君
      長谷川嘉一君    初鹿 明博君
      吉田 統彦君    下条 みつ君
      白石 洋一君    山井 和則君
      柚木 道義君    伊佐 進一君
      中野 洋昌君    篠原  孝君
      高橋千鶴子君    足立 康史君
平成三十年三月九日(金曜日)
    午後零時十分開議
 出席委員
   委員長 高鳥 修一君
   理事 後藤 茂之君 理事 田村 憲久君
   理事 橋本  岳君 理事 堀内 詔子君
   理事 渡辺 孝一君 理事 桝屋 敬悟君
      赤澤 亮正君    穴見 陽一君
      安藤 高夫君    井野 俊郎君
      上杉謙太郎君    大岡 敏孝君
      木村 哲也君    木村 弥生君
      国光あやの君    小林 鷹之君
      後藤田正純君    佐藤 明男君
      塩崎 恭久君    白須賀貴樹君
      田畑 裕明君    高橋ひなこ君
      長尾  敬君    船橋 利実君
      三ッ林裕巳君    宮路 拓馬君
      山田 美樹君    中野 洋昌君
      鰐淵 洋子君    浦野 靖人君
    …………………………………
   厚生労働大臣       加藤 勝信君
   厚生労働副大臣      高木美智代君
   厚生労働副大臣      牧原 秀樹君
   厚生労働大臣政務官    田畑 裕明君
   厚生労働大臣政務官    大沼みずほ君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月一日
 辞任         補欠選任
  下条 みつ君     大西 健介君
同月五日
 辞任         補欠選任
  篠原  孝君     平野 博文君
同月六日
 辞任         補欠選任
  足立 康史君     浦野 靖人君
同日
 辞任         補欠選任
  浦野 靖人君     足立 康史君
同月八日
 辞任         補欠選任
  足立 康史君     浦野 靖人君
同日
 辞任         補欠選任
  浦野 靖人君     足立 康史君
同月九日
 辞任         補欠選任
  小泉進次郎君     上杉謙太郎君
  繁本  護君     宮路 拓馬君
  伊佐 進一君     鰐淵 洋子君
  足立 康史君     浦野 靖人君
同日
 辞任         補欠選任
  上杉謙太郎君     小泉進次郎君
  宮路 拓馬君     繁本  護君
  鰐淵 洋子君     伊佐 進一君
  浦野 靖人君     足立 康史君
    ―――――――――――――
二月十五日
 若い人も高齢者も安心できる年金制度を求めることに関する請願(宮本徹君紹介)(第四一号)
 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(岡本あき子君紹介)(第五三号)
 同(生方幸夫君紹介)(第九一号)
 同(大島敦君紹介)(第九二号)
 同(奥野総一郎君紹介)(第九三号)
 同(櫻井周君紹介)(第九四号)
 同(宮本徹君紹介)(第九五号)
 同(山井和則君紹介)(第九六号)
 同(山本和嘉子君紹介)(第九七号)
 同(岡島一正君紹介)(第九八号)
 同(佐々木隆博君紹介)(第一一九号)
 同(櫻井周君紹介)(第一二〇号)
 同(下条みつ君紹介)(第一二一号)
 同(務台俊介君紹介)(第一二二号)
 同(関健一郎君紹介)(第一四三号)
 同(青山大人君紹介)(第一四六号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第一五五号)
 ベンゾジアゼピン系薬物に関する規制強化の実施及び副作用による被害者の救済等に関する請願(柿沢未途君紹介)(第一三九号)
 新たな患者負担増をやめ、窓口負担の大幅軽減を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五一号)
 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五二号)
 子供のための予算を大幅にふやし国の責任で安心できる保育・学童保育の実現を求めることに関する請願(森山浩行君紹介)(第一五三号)
 さらなる患者負担増計画の中止に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五四号)
同月二十七日
 介護保険制度の改善、介護報酬の引き上げ、介護従事者の処遇改善と確保に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一五八号)
 同(笠井亮君紹介)(第一五九号)
 同(穀田恵二君紹介)(第一六〇号)
 同(志位和夫君紹介)(第一六一号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第一六二号)
 同(田村貴昭君紹介)(第一六三号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第一六四号)
 同(畑野君枝君紹介)(第一六五号)
 同(藤野保史君紹介)(第一六六号)
 同(宮本岳志君紹介)(第一六七号)
 同(宮本徹君紹介)(第一六八号)
 同(本村伸子君紹介)(第一六九号)
 子供医療費無料制度に関する請願(佐藤公治君紹介)(第一九五号)
 同(赤嶺政賢君紹介)(第二五四号)
 同(笠井亮君紹介)(第二五五号)
 同(穀田恵二君紹介)(第二五六号)
 同(志位和夫君紹介)(第二五七号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第二五八号)
 同(田村貴昭君紹介)(第二五九号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第二六〇号)
 同(畑野君枝君紹介)(第二六一号)
 同(藤野保史君紹介)(第二六二号)
 同(宮本岳志君紹介)(第二六三号)
 同(宮本徹君紹介)(第二六四号)
 同(本村伸子君紹介)(第二六五号)
 同(矢上雅義君紹介)(第二八〇号)
 同(岡本あき子君紹介)(第二九三号)
 同(笠井亮君紹介)(第三〇七号)
 最低賃金引き上げ、食品衛生監視員を大幅にふやすこと等に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二一七号)
 同(藤野保史君紹介)(第二一八号)
 社会保障費の大幅削減を中止し、保育、医療、介護、年金などの拡充を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二一九号)
 同(笠井亮君紹介)(第二二〇号)
 同(穀田恵二君紹介)(第二二一号)
 同(志位和夫君紹介)(第二二二号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第二二三号)
 同(田村貴昭君紹介)(第二二四号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第二二五号)
 同(畑野君枝君紹介)(第二二六号)
 同(藤野保史君紹介)(第二二七号)
 同(宮本岳志君紹介)(第二二八号)
 同(宮本徹君紹介)(第二二九号)
 同(本村伸子君紹介)(第二三〇号)
 保険でよい歯科医療の実現を求めることに関する請願(村上史好君紹介)(第二三一号)
 同(笠井亮君紹介)(第三〇六号)
 国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられるようにすることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二六八号)
 同(笠井亮君紹介)(第二六九号)
 同(穀田恵二君紹介)(第二七〇号)
 同(志位和夫君紹介)(第二七一号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第二七二号)
 同(田村貴昭君紹介)(第二七三号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第二七四号)
 同(畑野君枝君紹介)(第二七五号)
 同(藤野保史君紹介)(第二七六号)
 同(宮本岳志君紹介)(第二七七号)
 同(宮本徹君紹介)(第二七八号)
 同(本村伸子君紹介)(第二七九号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第二九四号)
 同(宮本徹君紹介)(第二九五号)
 医療・介護の負担増の中止に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第三〇五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件
 厚生労働関係の基本施策に関する件
     ――――◇―――――
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/196/0097/19603090097001a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/196/0097/19603090097001.pdf

項目内容
回次:193
院名:参議院
会議名:厚生労働委員会
号数:23号
開会日付:2017-06-08
発言順:189
発言者名:片山大介
発言:○片山大介君 ありがとうございます。まさにストレスなんですよね、だから。
 それで、じゃ実際に不眠症になった人への治療行為って今何しているかというと、もう基本的には睡眠薬の服用になっているんですよね。これ、具体的に言うとベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬で、これを主治医の指示の下で飲んでいくということになるんですが、ただ、この睡眠薬は、御存じのように、耐性が形成されるとか、あとは依存性が出てくるだとか、あと服用した後の記憶障害といった問題があるんですが、厚労省としては、こうした服用による影響ってどう認識していて、何か対策を取っているのかどうか、これをお伺いしたいんですが。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023.pdf

項目内容
回次:193
院名:参議院
会議名:厚生労働委員会
号数:23号
開会日付:2017-06-08
発言順:190
発言者名:武田俊彦
発言:○政府参考人(武田俊彦君) 御指摘のとおり、医薬品でございますので、治療に有効である一方で副作用も一定の頻度で発現をいたします。
 ただいま御指摘ありましたように、このベンゾジアゼピン系の睡眠薬につきましては、これまでも大量の連用により耐性が生じて依存性又は離脱症状などが発生することが知られており、添付文書で大量連用により薬物依存を生じることがあるというふうに注意喚起をしてまいりました。
 最近になりまして、PMDA、医薬品医療機器総合機構の調査によりまして、承認用量の範囲の中でも連用により薬物依存が生じることが明らかになってまいりましたので、本年三月に、用量及び使用期間に注意して、漫然とした継続投与による長期使用を避けるように添付文書を改訂し、注意喚起をしているところでございます。
 今後とも、必要な注意喚起を医療現場にしてまいりたいと思っております。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023.pdf

項目内容
回次:193
院名:参議院
会議名:厚生労働委員会
号数:23号
開会日付:2017-06-08
発言順:192
発言者名:堀江裕
発言:○政府参考人(堀江裕君) 二〇一〇年の国連麻薬統制委員会の報告書におきまして、日本でのベンゾジアゼピン系薬剤の処方の仕方が不適切でございまして、その結果、アジアの他の国と比較して使用量が多くなっていると指摘しているということについては承知してございまして、日本においてベンゾジアゼピン系薬剤の使用量が多い原因は、委員御指摘ございましたように、睡眠障害の治療において従来は薬物療法が中心となってきたことが考えられ、ベンゾジアゼピン睡眠薬などにつきまして、添付文書、先ほど回答ございましたけれども、添付文書により漫然とした長期使用を避けることが医療現場で注意喚起されているところでございます。
 今年度から厚生労働科学研究を実施してございまして、ベンゾジアゼピン系薬剤の処方実態を把握しまして、適正処方を実施するための薬物療法のガイドラインに関して研究を行っておりまして、そうした医療現場からの情報収集に努めまして必要な対応を検討していきたいと考えてございます。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023.pdf

項目内容
回次:193
院名:参議院
会議名:厚生労働委員会
号数:23号
開会日付:2017-06-08
発言順:195
発言者名:片山大介
発言:○片山大介君 項目が多いからといっても、データが悪化しているんだったらそれを取り下げるのはどうかなと思いますし、委員会からのそういう指摘もあったのならそれを取り下げる必要がなかったのかなというように思います。
 それと、あともう一つ、診療報酬も睡眠薬の適正化に向けた減算の改定を実は三年前に行っているんですけれども、ここでもちょっと一つ気になるというか、聞きたいんですけれども、これ具体的には、睡眠薬及び抗不安薬をそれぞれ三種類以上処方した場合には減算するというような改定だったんですけれども、だから、それぞれ三種類以上ということは、二種類ずつの併用だったら可能ということになるんですけれども、ただ、この睡眠薬抗不安薬も先ほど言ったベンゾジアゼピン系なんですよね。
 それで、統制委員会から指摘されているのは、このベンゾジアゼピン系の薬が多いということで指摘をされているわけだから、何でこの診療報酬の改定でもそれぞれを分けるやり方をしたのか、これ気になっているんですが、これはどのようにお考えなんでしょうか。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023.pdf

項目内容
回次:193
院名:参議院
会議名:厚生労働委員会
号数:23号
開会日付:2017-06-08
発言順:196
発言者名:鈴木康裕
発言:○政府参考人(鈴木康裕君) 診療報酬における睡眠薬の多剤投与に対する対策についてお尋ねがございました。
 御指摘のとおり、平成二十四年度の診療報酬改定で、抗不安薬又は睡眠薬を三剤以上処方した場合に、精神科継続外来支援・指導料の点数を二〇%減算するという仕組みを導入しました。この対象の薬剤若しくは剤数につきましては、専門家の御意見、それから診療現場の状況等を踏まえまして中医協で議論をして決定をしたということでございます。
 御指摘は、恐らくベンゾジアゼピンについては、抗不安薬として二剤、睡眠薬として二剤処方しても、結局四剤処方しているのではないかということだと思いますが、御指摘のような内容も含めて、三十年の改定に向けまして、関係者の御意見を踏まえてしっかりと検討したいというふうに思います。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0062/19306080062023.pdf

項目内容
回次:189
院名:参議院
会議名:厚生労働委員会
号数:10号
開会日付:2015-05-12
発言順:234
発言者名:三原じゅん子
発言:○三原じゅん子君 最新の医学的知見や技術の発展による成果をがん対策へと反映していっていただくことをお願いを申し上げたいと思います。
 内視鏡を用いた精密検査の受診率が上がらないことの背景には、検査時の不快感というような問題があると思います。民間の内視鏡メーカーが行った調査によりますと、胃の内視鏡検査を受けた方の五七・三%がつらさというのを覚えているという結果が出ています。また、胃の内視鏡検査を受けていない方であっても、七八・二%が内視鏡検査はつらいという印象を抱いているとの結果が出ています。
 私も、毎年、胃がん検診で内視鏡検査を受けておりますけれども、こういう苦痛や不快感、非常に想像できるなというところでありますけれども、そのような苦痛や不快感への対応として、我が国でも、内視鏡検査の際に薬剤を用いた鎮静、セデーションに対する必要性の認識、これが高まってきていると思います。
 この点に関連して、日本消化器内視鏡学会では、二〇一三年十二月の学会誌で内視鏡診療における鎮静に関するガイドラインを発表しています。
 少々長くなりますけど関連部分を引用させていただきますと、内視鏡診療、特に内視鏡治療においては鎮静が不可欠である。最近では、内視鏡検査においても苦痛のない内視鏡に対する患者側の要望も強くなっている。消化器内視鏡診療における鎮静の利点として、一、内視鏡実施前の患者の不安やストレス並びに内視鏡実施に伴う苦痛や不快感を軽減できる。二、消化器内視鏡に対する被検者の受容性を高め、消化器がん等の早期発見につながるなどの点が挙げられるが、現在、内視鏡時の鎮静に対する適用承認を取得している薬剤はなく、主にベンゾジアゼピン系の薬剤が適応外で使用されているのが現状であり、安全な鎮静を支援する体制づくりが求められているところである。少なくとも、日本国内には鎮静のためのガイドラインとして明確に標準化されているものはなく、各施設の担当医の裁量により様々な薬剤が用いられ、鎮静深度の判定なども施設ごとに工夫して行われているのが現状である。そのため、一、必ずしも適切でない薬剤が用いられている。二、鎮静レベルの調節が不十分であるため患者の安全性に問題が出ることがある。三、標準化された方法が取られていないため施設間の比較が難しい。四、多施設で共同臨床研究を行うことが難しい。五、いずれの鎮静薬も内視鏡診療時の保険適用がないなどの潜在する問題、課題を抱えている。このような学会の専門家の指摘がございます。
 この点に関して、このような指摘がある中、内視鏡検査における安全な鎮静のための環境や体制づくりにおける国としての指導、対策の方針についてお伺いしたいと思います。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/189/0062/18905120062010a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/189/0062/18905120062010.pdf

項目内容
回次:189
院名:衆議院
会議名:予算委員会
号数:15号
開会日付:2015-03-06
発言順:194
発言者名:柿沢未途
発言:○柿沢委員 安倍総理、戦後以来の大改革をやろうということですので、大変私は期待をしたいと思うんですが、そうであるとすれば、まさにこういうことから始めていく、そのことが財政再建、また歳出削減を実現し、また、改革をなし遂げる第一歩になるはずだ、そのことについて、残念ながら前向きな答弁をいただけなかったように思います。
 アレシナの黄金律に戻しますが、一番下に書いてあるとおり、公務員人件費と社会保障費、これを削っている国が財政再建に成功したということが、アレシナ教授の研究の結果、明らかになったことであります。国の一般歳出の五割を社会保障費は占めているわけですから、ここにメスを入れなければ歳出削減は進まない、これは事実だと思います。
 一方で、そうしたことが国民への給付やサービスの低下、いわゆる切り捨て的な状況を生まないように、負の影響というものは最小限にしていかなければいけないのも事実だと思います。
 一つの事例を紹介したいと思います。
 認知症の人が認知症を介護する、いわゆる認認介護、この言葉の生みの親とも言われる高瀬義昌医師が中心となった、地域包括ケアにおける医薬品適正使用に関する研究というのがあります。東京都大田区で在宅医療の専門医をやっていて、三百三十人の患者を抱えて、その多くは認知症高齢者です。
 患者さんのお宅に行ってみると、このとおりですよ、大量の薬を処方されている。こんな量の薬をもらって、認知症のある高齢者の方が果たしてこれを正しく飲めるかという話です。
 しかも、こうやって安易に薬をぱっぱと大量に処方することによって、どうなるか。中には、ベンゾジアゼピン系の向精神薬とか睡眠薬等が入っていて、これらの薬剤が患者の意識障害、特に譫妄の症状を悪化させて、むしろケアを困難にする、こういうケースが間々あるんです。特に、六剤以上の薬剤の多剤併用は危険を生じやすいというふうにされています。
 これを、在宅医療の現場で薬の量を整理するとどうなるか、お示ししたいと思います。
 八十七歳の男性、要介護三、見てのとおり、今まで十七種類もの薬剤を処方されていた。ベンゾジアゼピン系の向精神薬、これはデパスとかですね、入っています。しかも、見てください。朝食後はこれを飲め、毎食後はこれを飲め、これは朝夕二回だ、これは夕食前だ、そして就寝前だ、こんなのを正しく服用できる認知症高齢者がいるんでしょうか。複雑怪奇です。
 これを、高瀬先生が入って薬剤の整理を行った。どうなったか。
 服薬を夕食後全て一回に調節をして、四種類にした。二種類、頓服というか、不穏時に飲む不定期のお薬が出ていますけれども、基本四種類。十七種類、これは必要ないねと削っていくことによって四種類にした。
 四種類に減らしただけじゃないんですよ。減らした結果どうなったかというと、この人は、夜ぐっすり寝られるようになって、徘回がなくなって、譫妄の症状も落ちついて、自分でデイサービスへ行けるようになった。QOLが上がっているんです。
 そして、これだけ薬剤が減ったわけですから、薬剤費が減ります。一日分の薬価差額七百四円。三百六十五掛ければ、年額換算で、一人ですよ、一人で二十六万円も薬剤費の削減になるわけです。
 認知症対策は、国家戦略として今オレンジプラン、新たに策定をしたところですよね。二〇二五年には七百万人になると。七百万と言うけれども、実は、予備軍と言われるMCI、軽度認知障害の人はもう七百万人いますから、千五百万人。つまり、高齢者三千万人の二人に一人は二〇二五年には認知症になっている。あなたも認知症、私も認知症、こういう時代が来るわけです。
 このときにこんなことをやっていたら、それこそ医療費のだだ漏れになってしまう。こうした点をやはり今改めていかなければならないと思いますけれども、御答弁をお願いしたいと思います。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/189/0018/18903060018015a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/189/0018/18903060018015.pdf

項目内容
回次:187
院名:衆議院
会議名:厚生労働委員会
号数:3号
開会日付:2014-10-17
発言順:80
発言者名:和田清
発言:○和田参考人 実は、これは診療報酬に絡んだ話ですが、少々専門的になりますけれども、ベンゾジアゼピン系、そういう薬物を中心に、抗不安薬睡眠薬、そういうところから、ベンゾジアゼピンとは違いますけれども、うつ病に対する薬あるいは幻覚、妄想に対する向精神薬、そういうものは何種類以上処方してはだめですよ、そういう診療報酬の制度に実は現在なっております。
 それに従って、中には長年いろいろな種類の治療薬を飲まれてきている方もいますから、急にその錠剤を減らすことができないので、それを徐々に減らすために、移行措置というんでしょうかね、診療報酬で決められた錠剤以上使ってもいいという医者の資格というんでしょうか、そういうものに対する講習会を今年度から日本精神神経学会が学会主催で開いております。と同時に、Eラーニング、そういうシステムを導入して受講できるようになっています。
 ということで、一応、学会の方でその辺は対応を始めて、実施したということで、今後、それはどんどん現役の医者に対してもやはり進めていくべきだろうと思います。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/187/0097/18710170097003a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/187/0097/18710170097003.pdf

項目内容
回次:187
院名:衆議院
会議名:厚生労働委員会
号数:3号
開会日付:2014-10-17
発言順:200
発言者名:今村洋史
発言:○今村(洋)委員 そうですね。横紋筋融解症といったような、筋肉が解けるような状態になって、あとは心エコーを当ててみたら心筋梗塞様のタコつぼ心筋症みたいなものが起きていたとか、通常我々が接してきた薬物患者、そういった者には想像できないようないろいろな症状を呈して担ぎ込まれてくる人が危険ドラッグでは多いということは、特にこの一年間で我々は身にしみて感じておるところなんです。
 なぜそういうことが起きるかというと、この表の今度は下の段、「興奮」というところを見ていただくと、「アンフェタミン類」、これは覚醒剤です。覚醒剤は、「精神依存」がスリープラス、「身体依存」はマイナスと書いてある、実は僕はこれはプラスマイナスだと思いますけれども。あと、「耐性」はプラスで、「精神毒性」はスリープラス、これは幻覚、妄想を起こすからスリープラスなんですね。
 先ほどの話ですと、大麻様の危険ドラッグのはずが、精神毒性ワンプラスが実はアンフェタミンのスリープラスより強い作用を最近は持っている。これはどういうことかというと、今おっしゃられたように、もう闇鍋状態なんですよ。その中にいろいろなものが入っている。ここに挙げてある薬物、アヘンとかバルビツール、バルビツールはどうかわからないですけれども、僕が想像するに、アヘンやベンゾジアゼピンや大麻、あとアンフェタミン類、この辺はごった煮で入っている。だから、想像がつかないようなめちゃくちゃな症状が起きて、摂取した途端に意識を失って担ぎ込まれてくるような状態が起きるほど、売っている側も、どうでもいいというような感じでつくっていると思うんですね。おっしゃったように、粗雑な、何を入れているかわからないというようなことが起きている。
 ここに書いてあるそういったもの、米国でも同じような状況が起きているものですから、米国では、コカインやアンフェタミン、メタンフェタミンよりも危険であるという報告書すら出ているほどです。
 ですから、この危険ドラッグというのは、本当に文字どおり危険で、人体に対しては有害、有害どころか命にかかわるような状況に今なってきていると思うんですね。
 下のグラフを見ていただきたいんですけれども、「長期使用に伴う反応の変化(耐性)用量反応曲線」と書いてありますが、要は、使っていると、だんだん多い量やだんだん強い作用を持たないと、つまり、本人が求めるような精神作用が起きてこないというグラフです。
 私が想像するに、一年前とか二年前の脱法ドラッグとかなんとかと言っていた時代よりも、どんどん作用が強くなって、使用者も、恐らくこういった依存症的な人間、つまり、ゲートウエーはもうとっくに通り越して、危険ドラッグを常用している人間が相当数いるだろう。事件になっている方々の中にも、一年ぐらい前から使っていたとかという報道もあります。
 もう一つ、一年前の報告書では、危険ドラッグを使っている人間は、実は、かつての覚醒剤の依存症であるとかアルコール依存症であるとか、そういったいわゆる社会生活を営めていない人ではなくて、社会生活を営めていて、ある程度社会適応していて、たまたまそういう薬を使ってこうなったんだというようなパーセンテージが報告されておったんですけれども、私は、もう今は恐らく違うだろう、恐らく各階層にかなり強く危険ドラッグが浸透してきていて、それこそ喫緊の課題であるので、我々がこうやって今ここで討論しているということになるのだろうと思います。
 そこで、大臣か政務三役の方々にお聞きしたいんです。
 薬事法とかそういったところで厳密にやると、今議論にあったように、いわゆる物質がちゃんと特定できないと、つまり、蓋然性が高いというだけで挙げることはなかなか難しいよと。
 午前中も、精神・神経センターの和田先生が、たしかあれはハムスターの細胞の遺伝子操作をしたもので、カンナビノイド系受容体と結合すると緑色に光るといったような細胞を開発されて、それでもって簡易的な検査をやろうかというようなお話だったと思いますけれども、それをやってひっかけたからといって、その後きちんとまたそれを突き詰めて調査してどういう物質か判明させないと、罰することが、なかなか私の考えではできませんね、そこですぐ、はい、逮捕というようなことにはいきませんよとおっしゃっていましたが、それは当然、厳密に考えれば考えるほど、そういうことなんだと思います。
 今もるる申し上げた、この日本の社会に浸透しつつあるというか、もう既に浸透してきている。私が今般のこういう危険ドラッグの話をお聞きして思うのは、かつての清国、中国が、アヘンに侵されて国力を落としていったというようなことも、ちらっと頭をかすめたりもします。
 ですから、こういったことを解決するには、やはり政治的決断が必要。政治家しかできない、政治的決断でしかできないというふうに私は思います。ですから、この解決方法を我々がこの短い期間で何とか見つけないと、国難に発展したらもう大変ですけれども、今、水際で火消しをしなきゃいけないという状況まで来ているだろうと思います。その点について、お考えをお聞かせください。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/187/0097/18710170097003a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/187/0097/18710170097003.pdf

項目内容
回次:186
院名:衆議院
会議名:予算委員会第五分科会
号数:1号
開会日付:2014-02-26
発言順:208
発言者名:小池政就
発言:○小池(政)分科員 ぜひ原則に立ち返っていただいて、薬というのはもう単剤で処方する、それから、それについての安全性が確保されているわけでございますから、三剤以上というのはエビデンスすらまだ非常に危ういところでありまして、そこをどうにかしていくということをぜひこれからも検討していただきたいと思います。
 次に、これはちょっと、私も、一見聞くと専門的な言葉のように思えるわけでございますが、ベンゾジアゼピンというものがありまして、ベンゾ、ベンゾということで、知っている人は御存じだと思いますけれども、よく睡眠薬とか抗不安薬について処方されているものでもあります。
 これについても長期の処方とか安易な処方というものが問題になっているところでございまして、こちらも、国際比較によりますと、INCBという、国際麻薬統制委員会というところが出している調査によりますと、日本はアメリカの約六・五倍、人口当たりの消費量が多いというような調査もありますし、また、実際にこれが入っているような睡眠薬を処方された患者の四人に一人は四年後も薬を飲み続けていて、薬の量が減っていなかった人というのは六八%に上ったというような調査もあるところであります。
 また、処方によって依存とか離脱症状という被害の問題についても、十年以上前から指摘されてきたところでございます。
 これは、国際的には、この危険性というのは一九七〇年代には明らかになっておりまして、各国では規制が進められてきたところでございます。
 資料の六をごらんになっていただけますでしょうか。
 資料の六はガイドラインですね。これは海外のガイドラインの例でありますけれども、アメリカと、それからイギリスです。アメリカの場合、ベンゾジアゼピンは依存の可能性があり、使用には注意が必要。イギリスの場合は、二週間以上のベンゾジアゼピン投与は行わないというような規制がなされております。
 日本においても睡眠薬のガイドラインというのが去年から示されたということでございますが、これについても、やはり大分期間があいてしまったなという思いがあるわけでございますが、これも、なぜここまで対応がおくれたのか、もう一度、同じような質問になりますけれども、大臣、よろしいでしょうか。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/186/0035/18602260035001a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/186/0035/18602260035001.pdf

項目内容
回次:186
院名:衆議院
会議名:予算委員会第五分科会
号数:1号
開会日付:2014-02-26
発言順:211
発言者名:佐藤茂樹
発言:○佐藤副大臣 済みません、小池委員、ちょっと質問取りのやり方がまずかったのかわかりませんが。
 私の答弁で足りるかどうかわかりませんけれども、先ほど来、委員が質問の中でも言われておりますように、睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドラインは、昨年、二十五年度より、ホームページに既に決めたものを載せていただいているんですね、これは御存じだと思うんですけれども。これは国立精神・神経医療研究センターのホームページ上で公開して、また、関係学会等を通じて周知を行うなど、このガイドラインの普及を図っている、そういうことはさせていただいております。
 さらに、大臣も答弁の中で言われましたけれども、厚生労働科学研究におきまして、こういう薬物療法だけではなくて、認知行動療法なども活用した、そういう睡眠障害の治療のガイドラインの作成等に着手をしているところでございます。
 もう一つおっしゃった、特にベンゾジアゼピン系薬剤の抗不安薬の部分、これはまた今後しっかりと検討させていただきたい、このように考えております。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/186/0035/18602260035001a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/186/0035/18602260035001.pdf

項目内容
回次:183
院名:参議院
会議名:厚生労働委員会
号数:9号
開会日付:2013-05-28
発言順:258
発言者名:川田龍平
発言:○川田龍平君 産業医にはゲートキーパー的な役割を期待しているということだと思いますが、そうであれば、産業医にはきめ細やかな気遣いが必要でしょうし、過重労働が続いているような場合には、心の健康が損なわれないように使用者に毅然と物を言えるようにしなければいけません。また、使用者もそういった配慮ができるようにしていただきたいと思います。
 さて、現在、産業医の数は十分とは言えません。産業医が十分に機能できないのであれば開業医や専門医の活用も考えているのでしょうけれども、メンタルヘルス専門医の開業数が十分ではなく、いわゆる一般に開業されている診療所などでメンタルヘルスの問題を解決しようとする国民が多いのが現状だと思います。
 しかし、こうした精神科を本来専門としていない開業医の医師が安易に精神科の薬剤を処方している現状は好ましい状態とは言えないのではないでしょうか。ベンゾジアゼピン系の薬剤などは習慣性、依存性が高く、耐性が現れやすい場合もあり、十分な経験と臨床知識がなければ上手に使えないこともあるのではないかと思います。また、臨床の現場で安易にこうした薬剤を処方してしまう傾向があるのではないでしょうか。睡眠導入剤もそうですが、患者がつらいので処方するのでしょうけれども、必要なものを必要なだけにしなければ、薬剤に依存してしまう国民をどんどんつくり出してしまいます。
 メンタルヘルス系の薬剤を安易に処方できる現状を何とかできないものなのか、大臣の答弁を求めます。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/183/0062/18305280062009a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/183/0062/18305280062009.pdf

項目内容
回次:181
院名:衆議院
会議名:厚生労働委員会
号数:2号
開会日付:2012-11-07
発言順:249
発言者名:柿澤未途
発言:○柿澤委員 みんなの党の柿澤未途でございます。
 三井大臣、御就任おめでとうございます。
 覚えていらっしゃると思いますけれども、私、数年前、都議会議員のころに、三井大臣に一つの案件を持ち込んだことがあります。精神科、心療内科における向精神薬の処方に関する問題です。
 当時、抗うつ剤として処方されていたリタリンについて、塩酸メチルフェニデートを成分として中枢神経興奮作用を持つ、要するに覚醒剤と同じものだということで、精神科や心療内科に通ってリタリンの処方を受けて、大量に服用して薬物依存に陥り、自殺や他害に及ぶ事例が相次いでいる、精神科受診でかえって薬物依存者を生み出している、こういう現状を何とかすべきだ、こういうふうに訴えました。
 欲しがる患者に大量のリタリンをばらまく、インターネットではリタリン販売所と呼ばれていた特に悪質な新宿区のクリニックの存在、これを都議会で指摘させていただいて、それを受けて東京都の立入調査が入るなどした結果、この問題に対する批判が高まって、リタリンの適用からうつが外されて、容易に入手できない、こういう薬になりました。あのとき、たしか民主党の部会にお邪魔したんだと思いますけれども、櫻井副大臣も御同席されていたかというふうに思います。
 これをきっかけに、私は、日本の精神医療に内在する問題について大変強い問題意識を持つようになりました。
 精神科、心療内科等において単剤処方が主流となる中で、日本では世界的に見て特異なまでの多剤大量処方が行われてきた、このように言われています。私が見た中では、一どきに十二種類もの向精神薬を二週間分ずつ、つまり、十二種類、一日三十四錠ずつ長期にわたって処方し続けている。これは調剤明細書がインターネット上で公開されているんですけれども、こういうものもありました。これは本当に異常な量だというふうに思います。
 日本の精神医療における薬物処方の多さは数字でも裏づけられつつありまして、例えば、抗不安薬睡眠薬として使われるベンゾジアゼピン系の薬剤、これは長期に服用すると適量でも依存症状を来すと言われているものですけれども、国連の国際麻薬統制委員会の二〇一〇年の報告では、日本ではこのベンゾジアゼピン系の薬剤使用量がアメリカの六倍も多いということが報告、指摘されています。
 一昨年、二〇一〇年八月三日の厚生労働委員会において、自殺・うつ病等対策プロジェクトチームを省内に立ち上げて取り組んでおられる長妻厚労大臣に対して、この問題について質問をさせていただきました。そして、添付文書や適正量を踏み外したこのような多剤大量処方は、支払い審査機関におけるレセプトチェックを強化することで排除できるはずではないかということを申し上げました。
 その結果もあり、「過量服薬への取組」というのがまとめられて、向精神薬の処方に関する実態調査というものが行われて、一回の処方で抗不安薬または睡眠薬が三種類以上処方されている場合には、その必要性について十分な考慮が求められる、こういう趣旨の注意喚起が支払い審査機関に対してもなされることとなりました。これまで問題そのものの存在がほとんど認められてこなかったということと比べると、大変大きな前進だというふうに思っています。
 しかし、一方で、注意喚起は注意喚起にすぎないわけでありまして、実効が上がらなければ、これは意味がありません。しかも、同時に、向精神薬の処方に関する実態調査の報告では、レセプトを調べたところ、三種類以上のいわゆる多剤処方は、抗不安薬で一・九%、睡眠薬で六・一%にすぎなかったとも言っている。それほど問題はなかったと言っているようにもこれは聞こえるわけであります。
 三井厚労大臣にまずお聞きしたいと思うんですけれども、向精神薬の日本における処方のあり方について、現状はいかがだというふうに考えているか。おおむね適正に処方が行われているというふうに考えているのか、お伺いをしたい。また、この問題について厚労省がどのような取り組みを行ってきたのか、あわせてお伺いをしたいというふうに思います。
選択閲覧ページURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/181/0097/18111070097002a.html
PDF画像URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/181/0097/18111070097002.pdf