スポンサーリンク
コラム

「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

コラム
https://dot.asahi.com/wa/2020011700017.html?page=1

「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

 AERA dot. (アエラドット)に表題の記事を見つけましたのでご紹介します。

各ページのリンク

リーダービュー(Firefox用)

+

多剤服用によるリスクを減らす方法

お薬手帳の活用

 お薬手帳は俗称で、処方歴を記録するための手帳の事です。正式名称や書式は定められておらず自作も可能ですが、調剤薬局でもらえることもあります。お薬手帳のアプリもあります。

 新しい医師の診察を受ける際にお薬手帳を提示すれば、併用禁忌(併用することを避けるべき組み合わせ)にならないように処方箋を出してもらえるでしょう。

 お薬手帳の持参によって、保険診療の負担額に影響が出る場合があるので、調剤薬局のスタッフに提出して、記入もしくはシールを貼付してもらう方が良いと思います。それを代行する場合は、失念する前に速やかに実行する方がよいでしょう。

 ご自身や家族が薬の内容を見直すときにも役立つ資料になります。

参考資料:

タイトルとURLをコピーしました