スポンサーリンク

『医者に睡眠薬を飲まされ続けて失業…精神科「処方薬依存」の恐怖』のご紹介

コラム
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66638
この記事は未完成です。随時、加筆いたします。

記事のご紹介

 医者に睡眠薬を飲まされ続けて失業…精神科「処方薬依存」の恐怖 by 佐藤 光展 様

医者に睡眠薬を飲まされ続けて失業…精神科「処方薬依存」の恐怖(佐藤 光展) @gendai_biz
「これは史上最大の薬害ですよ」2019年7月11日、厚生労働省が入る中央合同庁舎の1階会議室(東京都千代田区霞が関)で、処方薬依存の被害男性が役人たちを諭すように言った。会議室を埋めた被害者や家族は、男女20人超。苦しみを訴える声は全国各地で急速に高まっており、各地の被害者の会代表らがこの日集結した。

語句の解説

ベンゾジアゼピン

 ベンゾジアゼピンとはGABA-A受容体(興奮伝達を調節する部位、水道の蛇口的役割)のベンゾジアゼピン結合部位に作用する化学物質です。ほとんどのベンゾジアゼピン系はGABA-A受容体に結合すると興奮伝達を抑制する力を強める働きをし、間接的に興奮伝達を弱める働きをします。その結果、眠くなったり、ぼんやりしたい、筋肉が緩んだり、けいれんを抑えたり、記憶が曖昧になったりします。直接的に興奮伝達を抑制しないので、バルビツール酸系と比べて過剰服薬をしても致命的になりにくい。睡眠薬、抗不安薬の大多数に使われている。

睡眠薬(すいみんやく)

 睡眠薬とは不眠症に用いられる処方薬です。有効成分は主にGABA-A受容体作動薬(バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系、Z薬)が使われています。これらの連用によりGABA-A受容体がダメージを受けて眠れなくなるなどの薬害に発展する場合があります。別タイプの睡眠薬にメラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬があります。薬局で売られている「睡眠改善薬」は抗ヒスタミン薬です。

 睡眠薬や睡眠改善薬は体質改善の薬ではなく、対処療法として一時的に使用すべき薬です。

 添付文書の薬効分類名によると、睡眠導入剤、不眠症治療剤、睡眠剤、睡眠誘導剤、睡眠障害改善剤、催眠鎮静剤など表示されている。

 睡眠導入剤は、短時間で作用する(2時間以内に血中濃度が最高になる)睡眠薬を指す場合が多い。明確な定義はない。

抗不安薬(こうふあんやく)

 抗不安薬とは不安を感じにくくする処方薬です。有効成分は主にGABA-A受容体作動薬(ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系)が使われています。これらの連用によりGABA-A受容体がダメージを受けて不安が高まるなどの薬害に発展する場合があります。

 GABA-A受容体作動薬が有効成分に使われている睡眠薬との違いはやや曖昧です。人がその用途で使うと決めて審査を通過させたから抗不安薬になったと言えます。ですから、車の運転する前に服用する場合には注意が必要です。厳密には意味ある分類だと思いますが、薬害の問題は同じと言って良いと考えています。ビスケット、クラッカー、クッキーの違いは人が決めたのであって、食べてしまえば大差がないのと同じようなものです。

 不安を無くす薬ではありませんので、対処療法として一時的に使用すべき薬です。

薬物依存(やくぶついそん)

麻薬・覚醒剤やアルコールなどの連用の結果、その薬物なしには平常の状態を保持できなくなること。嗜癖(しへき)を生じて習慣となり、やめることができない精神的依存と、増量しないと効き目が出なくなる耐性を生じ、やめると禁断症状が現れる身体的依存とがある。→薬物依存症

出典:デジタル大辞泉

 臨床現場で薬物依存症の診断は、医師の主観に頼っています。単に薬物依存と言った場合は精神依存(薬物への渇望が観察できる)を指しています。精神依存の原因である身体的依存について具体的な検査を行うことは稀だと思われます。

処方薬依存(しょほうやくいそん)

 医師が処方する薬が原因の薬物依存のことです。医師の指示を守った処方薬の連用による依存を常用量依存と言います。

漫然処方(まんぜんしょほう)

 現状維持が当面の目標になり、処方薬の効果を客観的に評価しないまま、何となく継続的に処方されることです。身体的依存を起こす薬物の場合、精神依存(対象薬物への渇望)を起こす場合があり、本来の治療目的を上回る悪影響を与える場合があります。

常用量依存(じょうようりょういそん)

 医師の指示を守って継続的に処方薬を摂取した結果起きる処方薬依存の事です。

 GABA-A受容体作動薬で言えば、その連用により身体的依存(GABA-A受容体の感度低下)を起こした結果起きる精神依存(薬物への渇望)の事です。身体的依存の問題(不眠、不安、筋硬直、痙攣、物忘れ、その他、それらを解消する試みとして薬物への渇望)が顕在化する前に薬を止める計画を立てることが望ましいですが、日本では医師の裁量に任されており、2018年4月の診療報酬改定により連用にペナルティが課されたが、今でもエンドレスに処方が可能です。

向精神薬(こうせいしんやく)

中枢神経系に作用し、精神の状態・機能に影響を与える薬物の総称。抗精神病薬・抗鬱(こううつ)薬・抗躁(こうそう)薬・中枢神経刺激薬・睡眠導入剤(催眠薬)・鎮静催眠薬などがある。

出典:デジタル大辞泉

向精神薬睡眠薬
抗不安薬
抗精神病薬
抗うつ薬
気分安定薬
神経刺激薬
認知症治療薬

講釈(こうしゃく)

① 書物や文章の意味などを説き明かすこと。
② 物事の意味・性格などをもったいぶって説明すること。 「薬の効能を-する」 「 -を垂れる」
③ 「講談」の江戸時代の称。

出典:大辞林 第三版

認知行動療法(にんちこうどうりょうほう)

情緒障害や気分障害などに対する治療技法の一。物事を解釈したり理解する仕方を修正する認知療法と、学習理論に基づいて行動を修正する行動療法を統合した療法。他の心理療法よりも比較的短期間で治療効果が認められるとされ、パニック障害、強迫性障害、摂食障害、不安障害などに効果があるとされる。

出典:デジタル大辞泉

 薬物を用いない治療法です。

統合失調症(とうごうしっちょうしょう)

内因性精神疾患の一。病状や経過はいろいろあるが、自閉・感情鈍麻・興奮・妄想・幻聴や精神機能の分解などがみられる。青年期に発病するものが多い。早発性痴呆、精神分裂病を改称。

出典:デジタル大辞泉

セロクエル

販売名(商品名)セロクエル
一般名(成分名)クエチアピンフマル酸塩
薬効分類名抗精神病剤
効能又は効果統合失調症
クエチアピンフマル酸塩
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構:医薬品副作用被害救済や稀少病認定薬の研究振興調査などの業務案内。

※ジェネリック医薬品も各社から販売されている。

過量服薬(かりょうふくやく)

 処方薬の場合、医師の指示を超える量を服薬することです。単純なミスもありますが、意図的な場合もあります。致命的になる場合もあり、避ける必要があります。過剰服薬やオーバードーズとも言います。

矮小化(わいしょうか)

こぢんまりとすること。小さくすること。 「問題を-する」

出典:大辞林 第三版

燎原(りょうげん)

野原を焼くこと。また、火の燃えひろがった野原。

出典:デジタル大辞泉

記事を読んで今思うこと

 目新しい内容ではありませんが、具体例を示しながら現状を適切に伝えていると思いました。

 厚生労働省の腰が重いから現状が打破できないと考えてはいけない。他人に文句を言いたくなった時は、自分でできる行動を探す方が良い。医師に対しても同じです。

 日本での薬害の歴史を振り返ると、因果関係が分かりやすく、その事実を証明しやすいものが何十年後に救済される場合が多い気がします。向精神薬による薬害は因果関係が分かりにくく、その事実を証明しにくいものが多い。

 ベンゾジアゼピン系による薬害が、25年後に救済されたとしても、遅すぎるだろう。老人になってお金をもらっても慰めになるかどうか。他人に救済を求めると時間とお金を無駄にする可能性があります。救済は自分自身で直ちに行う決断が必要だろう。正しい知識を得てベンゾジアゼピン系から適切に離脱して、薬害の苦しみから解放されることが、一番簡単な救済です。そのための知識と先駆者の体験談が多くの人を救済するだろう。

 診療報酬の請求を電子化すると、報酬面で優遇が受けられるので、電子化が普及しています。電子カルテと診療報酬請求システムが連携している病院も多い。診療報酬の請求データを解析すれば、どの病院で誰にどの薬が出されているか分析できる。ベンゾジアゼピン系の処方傾向は診療報酬の請求データからも可能です。何十年もベンゾジアゼピン系を漫然処方している病院を洗い出せるはずだ。

 健康保険医療がベンゾジアゼピン系の常用量依存を促進しています。窓口負担額が3割だと、気軽に通院を繰り返せる。それだけではない、自立支援法を使うと窓口負担額が1割になる。精神医療に関する自立支援法は「自立支援」というより「薬物依存支援」になっている。市町村によっては残りの1割を助成する。なんと、窓口負担額が0円になってしまう。負担割合が少ないほど、相手の言いなりになってしまう。私は窓口負担額5割が消費者を賢くさせ医原病から守ってくれると考えている。5割になれば、診察室で治療費の話をすることになるだろう。

 ベンゾジアゼピン系による常用量依存からの減薬と断薬には苦痛が伴う場合も多くある。もしも、この苦痛を消して減薬・断薬に導く「新薬」が登場したら、人類は幸せになれるだろうか?それでは何も学んでない気がします。人は苦痛により賢くなると思う。しかしながら、ベンゾジアゼピン系の離脱は麻薬並みに難しい。

 20132016年7月11日に厚生労働省へ私が手渡した提案書に、禁煙プログラム(ニコチンパッチやニコチンガムを使い段階的に禁煙させる)のように、ベンゾジアゼピン系の減薬と断薬をシステム化してはどうかと書いたと記憶しています。減薬専用のベンゾジアゼピン系を創薬してはどうかとも書きました。ベンゾジアゼピン系による常用量依存からの減薬と断薬には特別の支援が必要です。

 私は精神医療によって随分苦しめられたと恨めしく思った時もありました。よくよく考えると、無駄な治療により税金を無駄に消費させてしまった責任もあると気づきました。その上で補償を求めると更に税金を消費させることになります。

 自分で自分の首を絞めることにならないよう、ご自身で選択することを私はお勧めします。

 インターネットのおかげで、薬害に関する情報を広く集められます。情報を整理すると価値が生まれます。インターネットは少ない労力で世界中から小さな情報を集められる素晴らしいツールです。

 アルミ缶のリサイクルに例えます。道に転がっているアルミ缶1個15gはおよそ1.5円の価値があります。それを67個集めて1プレスしブロックにすると1㎏になり、買取価格はおよそ114円になります。プレス後のアルミ缶1個15gは1.7円ぐらいになる計算です。プレスすると体積が小さくなり、保管や輸送のコストが下がるので価値が少し上がります。アルミ缶表面の塗装を熱で剥離させるなど下処理をしてから、高熱でアルミを溶解させてアルミのインゴットを作ります。アルミのインゴット1kgはおよそ200円です。インゴットにしたアルミ15gはおよそ3円になる計算です。アルミ缶1個だけではゴミですが、集めて整理し使いやすくすると価値は最低2倍になる例です。

 向精神薬は複数同時に処方されている場合も多く、どの薬が薬害の原因か特定が難しい。しかし、日本全体の処方歴を集めて情報処理をすれば、薬害の傾向は見えてくると思います。診療報酬請求データ(レセプト)の健康組合での保管期限は過去3~5年分しか保管していないようだ。カルテも過去5年分の保管は義務付けられているが、それより古いものは破棄されています。これらのビックデータから価値ある情報が引き出せる可能性があるので、特に診療報酬請求データについては厚生労働省で全部保管して頂きたいと思います。

 行政にビックデータ解析を期待していても利害関係から実現しない場合もあります。一般市民は診療報酬請求データのビックデータにアクセスできません。しかし、情報は皆様の頭の中にあり、それをインターネット経由で共有しビックデータ化し、解析すれば向精神薬による薬害は明らかにできるでしょう。

 行政は既に診療報酬請求データのビックデータ解析をしているようです。ただし、薬害のような後ろ向きな事に関わりたくはないのかもしれません。薬害を放置すると雪だるま式に被害が広がり続けます。

 医療関係者すべて(医療を受ける者を含む)の方々に現実を直視する勇気を持っていただきたい。

 紹介記事の筆者が「被害者の怒りは燎原の火のごとく広がり、無責任な医師や腰の引けた役人たちに迫っている。」と表現しています。ここでの火は個々人の「心」で、インターネットを巡り伝番して、世界中に広がっています。燃え広がり焦土化してしまうのか、その前に鎮火するのか。他人ごとではいられない。

佐藤 光展(さとう みつのぶ)様に関する情報

佐藤光展 - Google 検索
佐藤光展 - Wikipedia
なぜ、日本の精神医療は暴走するのか | 佐藤 光展 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで佐藤 光展のなぜ、日本の精神医療は暴走するのか。アマゾンならポイント還元本が多数。佐藤 光展作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またなぜ、日本の精神医療は暴走するのかもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました