スポンサーリンク

自転車のパンクを修理した話(冷汗)

コラム

久々のパンク

 家から6kmほど離れた場所で、自転車の後輪がパンクしてしまいました。私は普段から修理道具を持参していませんでした。バス停を探してから、その近くの公園に自転車を置かせていただいて、バスで帰ってきました。

後輪だけでも持ち帰りたい

 翌日のことですが、後輪が簡単に外せるタイプの自転車なので、別の自転車で回収しに向かいました。向かっている途中で、タイヤの外径が70センチもあるから、持ち帰るのは困難だと思いました。持ち帰ってから自宅で修理して、再び持っていくことを考えると面倒になりました。

 とりあえず、草むらから公共施設にある屋根付きの駐輪場に移動させて、養生テープに油性ペンで簡単なメッセージを書き、泥除けに貼りました。それから2つ鍵をかけました。

「修理手配中につき、置かせてください」

 その場で修理できない理由は、まだ交換用のチューブを入手していないからです。申し遅れましたが、私は自分でタイヤ交換やチューブ交換を4回程度したことがあります。

チューブを入手、いざ修理へ

修理に必要な物

  • チューブ
  • タイヤレバー
  • 空気入れ
  • 軍手
  • ゴム手袋
  • タイヤパウダー(タルク含有のベビーパウダーでも可)
  • ペンチ

いざ修理

素人が考える手順

  1. 新品のチューブがパンクしていないか空気を入れて確認する
  2. 変速機を操作し、一番重いギヤ(一番歯車が小さい)に入れておく
  3. 自転車から車輪(ホイールとタイヤ一式)を外す
  4. タイヤレバーを使いホイールからタイヤを外し、チューブを取り出す
  5. 取り出したチューブに空気を入れてパンク箇所を探す
  6. タイヤの外側と内側を調べてパンクの原因を探す
  7. 釘など、パンクの原因があれば取り除く
  8. ホイールのリムを清掃する
  9. タイヤの内側を清掃する
  10. 新品のチューブに異物があれば取り除く
  11. ホイールにチューブを装着する
  12. タイヤレバーを使いホイールにタイヤを装着する
    (チューブを挟み込まないように注意)
  13. チューブのバルブをタイヤ側へ押し込み、挟み込みを解除する
  14. タイヤがチューブを挟み込んでいないか1周確認する
  15. チューブに半分程度空気をゆっくり入れる
  16. 空気を一度抜いてから、既定値まで空気をゆっくり入れる
    (軟式ボールの硬さ程度になったら終える)
  17. 車輪一式を自転車へ装着する
  18. ゆっくり試走して問題ないか確認する

空気入れが壊れている(汗)

 持参した空気入れが壊れていて、空気が満足に入りませんでした。空気入れの空気圧が、チューブの空気圧より高くないと、空気が移動しません。空気入れのどこからか空気が漏れていると思います。頑張っても7割程度しか入りませんでした。

 仕方がないので、ゆっくり自転車を走らせて帰ってきました。

パンクの原因が判明(冷汗)

 帰宅後、正常な空気入れを使って、取り外したチューブに空気を入れて再度検しました。現場ではバルブの付け根の亀裂が原因だと考えていましたが、別の場所に小さな穴が見つかりました。チューブの穴とタイヤと比較したところ、その場所に0.3mmぐらいの小さな金属が見えました。チューブ交換が無駄になったかもしれません(冷汗)。

 タイヤを外して該当箇所の裏側をみると半円状の金属片が突き刺さっていました。指で引っ張り出そうとしてもビクともしませんでしたので、ペンチで引き抜きました。長さ5mmぐらいの三日月🌙型金属片が出てきました。金属にドリルで穴あけしたときに出る金属片のように見えます。

 新品のチューブに穴が空いたかもしれないので該当箇所を確認しました。非常に小さなキズはできていましたが、使用上は問題なさそうです。金属片の尖った部分がタイヤに刺さっていて、チューブ側には円弧の部分が当たっていたので、この程度で済みました。

 思い返せば持参した空気入れが不調だったので、金属片とチューブが強くぶつからなかったかもしれません。空気入れが不調だったから、チューブの穴の場所を見つけられなかったとも言えます。いずれにしても不幸中の幸いでした。再確認して良かった。

作業のやり直し

(執筆中)

パンクにどう備えるか?

(執筆中)

タイトルとURLをコピーしました